パーティー
社内イベント
福利厚生
その他
企画

周年記念イベントの企画アイデア15選│イベントの目的や成功させるポイントを紹介

記念すべき企業の“節目”を祝い、多くの関係者を巻き込んで盛大に開催される周年記念イベント。普段のイベントとは異なり特別な意味合いを持つことから、イベントで実施する企画にお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、周年記念イベントを開催する目的、成功させるポイント、周年記念イベントの企画アイデア15選をそれぞれ紹介します。

 

年間1000件以上のBtoBイベントを行う株式会社IKUSAは、90種類以上のユニークなレクリエーション企画を中心にした、参加者様のコミュニケーション活性化や貴社らしい演出でのエンゲージメント向上を叶える社内パーティーの企画・運営を得意としています。
懇親会・社内パーティープロデュース

周年記念イベントとは

周年記念イベントとは、企業の創立5周年、10周年などのような“節目”となるタイミングで開催される記念パーティーのことです。周年記念イベントは、普段から定期的に開催されるようなイベントとは異なり、「企業の大切な節目を祝う」という特別な意味合いを持つことから、規模の大きいイベントとして開催されることも多くあります。

周年記念イベントは主に、社内のメンバー向けに開催されるイベントと、社外の関係者も交えて開催されるイベントの2つに分けられます。

周年記念イベントを行う目的

周年記念イベントを行う目的は、「社内向け」と「社外向け」によってそれぞれ異なります。

社内向けのイベントを行う目的

社内向けの周年記念イベントを開催する主な目的は、従業員に対するインナーブランディングといえます。インナーブランディングとは、企業の理念や価値などを、従業員や社内関係者へと浸透させる取り組みのこと。

周年記念イベントを開催することで、従業員へのさらなる企業理解の促進を促したり、従業員同士の結束を高めたりすることを目的としています。また、周年記念イベントは従業員が一堂に集まる貴重な機会でもあるため、社内コミュニケーションの促進にも効果を期待できるのが特徴です。

社外向けのイベントを行う目的

社外向けの周年記念イベントを開催する主な目的は、自社のブランディングやプロモーションです。企業の節目という大切な記念日に多くの関係者や顧客などを招待し、自社の商品やサービスの価値を知ってもらうことで、自社の認知度の向上を目指します。

また、周年記念イベントに合わせて自社の新製品を発表することで、外部のメディアが大々的に取り上げてくれる可能性があるため、新商品のプロモーションとしても活用できます。

その他にも、自社の長期的な成長を株主やステークホルダーなどの関係者にアピールしたり、取引先との良好な関係構築に活用したりすることもできるでしょう。

周年記念イベントを成功させるポイント

周年記念イベントを成功させるためのポイントを解説します。

イベントの開催目的を明確にする

周年記念イベントを成功させるには、イベントを開催する目的を明確にすることが大切です。イベントの目的を明確にすることで、イベントの規模感や企画内容などを的確に検討できるようになります

特に周年記念イベントの場合は、「社内向け」と「社外向け」では開催目的が大きく異なります。それらをさらに細分化すると、より細かな目的の設定、検討が必要です。

たとえば、社内向けの場合は「従業員への感謝を伝える」「周年記念をみんなで祝う」など。社外向けの場合は「自社の認知向上」「関係者への感謝やアピール」などが目的として挙げられるでしょう。イベントを開催する目的を明確にすることが、効果的なイベントの実現へとつながります。

適切なターゲットを選定する

イベント開催の目的の明確化と同様に大切なのが、適切なターゲットの選定です。イベントの効果を最大限に活用するには、イベントの目的に合ったターゲットの選定が必要不可欠です。

こちらも、「社内向け」と「社外向け」ではターゲットが大きく異なります。ターゲットに合わせた企画内容の選定が欠かせません。周年記念イベントを成功させるためには、目的とターゲットを明確にすることから始めましょう。

イベント運営チームを作る(社員を巻き込む)

特に、参加規模の大きい周年記念イベントを開催する場合には、イベントの幹事だけを選任するのではなく、イベント運営チームとして人員を集めることが望ましいでしょう。規模が大きくなればなるほど、やり取りをする関係機関・担当者の数も多くなります。イベント運営チームを結成し、細かな役割分担を割り振ることで、高いクオリティでの周年記念イベント開催が期待できます。

なお、イベント運営チームのメンバーを集める場合は、立候補や社内推薦などを活用しましょう。イベント企画・運営は、普段の業務では得られないような経験を積めるため、意欲の高い従業員などをうまく巻き込むことが、イベントの成功への近道です。

参加者全員が楽しめる企画を取り入れる

「社内向け」「社外向け」を問わず、周年記念イベントの参加者全員が楽しめるような企画を取り入れましょうイベントの目的やターゲットにマッチした企画を取り入れることで、参加者も気軽にイベントを楽しんでもらえます。

自社のオリジナル要素やユニークな企画を取り入れて、特別感を楽しめるイベントを開催できれば、参加者の思い出に残るイベントになること間違いありません。

念入りな事前準備を行う

周年記念イベントを開催するまでには、さまざまな準備が必要です。イベント運営チームの役割分担や、それぞれの準備の期日、備品・物品の用意、会場の手配・下見など、イベントの規模や目的によってさまざまな工程をクリアしなければなりません。

イベントの前日までにできる限りの準備は終了させて、準備万全な状態で当日に挑むことが、スムーズなイベント運営につながります。会場を使ったリハーサルを行うこともおすすめです。

イベント企画会社に外注する方法も検討する

上述したように、周年記念イベントの企画や準備には多くの時間や人員を必要とします。なかには、イベントの準備に時間を割けなかったり、イベントの開催に不慣れで企画立案が進まなかったりして困ってしまうこともあるでしょう。

そのような場合には、イベントの開催実績が豊富なイベント企画会社に外注する方法を検討しましょう。自社だけで開催するよりも予算やコストは発生しますが、その分、高いクオリティでのイベントを実現できます。

イベント企画会社ごとに強みや特別なオプションなどがあるため、外注を検討する場合には複数の会社に見積もりをお願いし、自社にニーズに最適な会社を探すことをおすすめします。

周年記念イベントの企画アイデア15選

周年記念イベントが盛り上がる企画アイデア15選を紹介します。

1.スピーチ・プレゼンテーション

企業の代表からのスピーチやプレゼンテーションは、周年記念イベントに定番の企画です。周年記念という特別なイベントで、代表から従業員に直接メッセージを伝えることは、従業員のモチベーションの向上につながるでしょう。

また、代表から直々に自社の業績や今後の展望などをプレゼンテーションすることは、顧客や取引先などの関係者、ステークホルダーに対しても自社をアピールする機会として活用できます。

2.ヒストリーパネル

ヒストリーパネルとは、企業の創業からこれまでの歴史が一目でわかるパネルのことです。写真やイラスト、図、文章などを用いて、創業からの歴史を複数枚のパネルにまとめていきます。

周年記念イベントにヒストリーパネルを設置することで、従業員に向けて自社の創業の歴史や経営理念などを改めて伝えるきっかけになります。加えて、社外の関係者に対しても、これまで自社が辿ってきた事業の歴史や実績のアピールとして活用できるでしょう。

3.パーティー・式典

周年記念イベントにパーティーや式典は、欠かせない企画です。「社内向け」「社外向け」を問わず、食事や余興を用意して参加者をもてなすことで、日々の感謝を伝えられます。

周年記念を盛大に祝うことによって会場内に一体感が生まれ、従業員のモチベーションアップや来賓者とのさらなる関係性の構築に効果が期待できます。

4.チャンバラ合戦-戦IKUSA-

周年記念イベントでは、参加者全員が気軽に参加できる企画を実施すると、イベントもさらに盛り上がります。特に参加者の人数が多く、規模の大きいイベントにおすすめの企画が、IKUSAが提供するチャンバラ合戦-戦IKUSA-です。

スポンジ製の刀と、「命」と呼ばれるボールを用いて、相手の肩についたボールを落とし合うというシンプルなルールであり、老若男女を問わず誰でも楽しめるのが特徴です。また、意外にも高い戦略性が求められるため、チームで作戦を考えたり、役割分割を割り振ったりと、自然とチームワークやコミュニケーションも広がります

さらに、イベントの人数や規模感、ニーズに応じて合戦ルールをカスタマイズすることもできます。周年記念イベントでの企画に悩んだら、ぜひチャンバラ合戦-戦IKUSA-を活用してみてください。

5.クイズ大会

クイズ大会は、参加者の誰でも気軽に参加できる企画として人気があります。出題するクイズの内容は、周年記念イベントの目的や参加者に合わせてカスタマイズできるため、自社のオリジナルクイズを出題して、企業理解を深めてもらうような工夫も可能です。

個人戦でもチーム選でも楽しめますが、正答数の多かった人やチームへは豪華景品を用意しておくと、参加者もさらに主体的にイベントを盛り上げてくれること間違いなしです。

6.スペシャルゲストの招待

芸能人やタレント、アーティストなどのスペシャルゲストを招待し、イベントを盛り上げます。ゲストは、特定の世代に知名度がある人ではなく、世代を問わずに有名や自社サービスに関連する人を招待すると、会場もさらに盛り上がるでしょう。

7.社内表彰式

主に社内向けの周年記念イベントにおすすめの企画が、社内表彰式です。自社オリジナルの表彰制度を設定して、評価期間内に一定の成果を上げた従業員を全員の前で表彰します。代表から直々に従業員を表彰することで、従業員のモチベーションもさらに高まるでしょう。

8.謎解きゲーム

謎解きゲームは、参加者の全員が楽しめる企画として人気があります。IKUSAが提供する「全員協力必須」の謎解きパズルゲーム謎パ」であれば、参加者全員で交流しながら楽しめる謎解きイベントの実施が可能です。

謎パはチーム対抗戦ではなく、参加者全員でひとつのゴールを目指すように作られています。謎を協力して解いていくなかで、参加者同士の会話や交流が自然と広がるのが特徴です。出題する謎の内容や難易度は、イベントのニーズに合わせてカスタマイズが可能。会場の一体感を高めながら、オリジナルの謎解きを楽しめる企画となっています。

9.周年社員旅行

パーティーや式典などを開催しない場合での周年記念イベントの企画として、社員旅行を開催する企業もあります。企業の節目を祝う大切なタイミングで従業員が共に楽しい時間を過ごせれば、結束力もさらに高まるでしょう。

10.格付けバトル

格付けバトルは、IKUSAが提供する体感型クイズゲームです。

参加者には、俳句、紅茶、絵画、牛肉の4つのジャンルから、それぞれの「一流の品」を当ててもらいます。回答はリアルタイムで集計し、プロのMCがゲームを盛り上げるので、参加者はまるでテレビ番組に出演したような気分を味わえるでしょう。

ちょっと変わったユニークな企画を探している方は、ぜひ格付けバトルをご活用ください。

11.オリジナルムービーの上映

企業の周年を記念して、オリジナルムービーを制作・上映します。ヒストリーパネルと同様に、企業のこれまでの歴史を一気に振り返ることができるため、企業の成長過程や事業の成り立ちなどを参加者へ伝えることができます

オリジナルムービーは会場での上映以外にも、WebサイトやSNS上にも投稿できるので、より多くの人々へ自社の周年記念をアピールすることも可能です。

12.社内コンテスト

主に社内向けの周年記念イベントの企画として活用できるのが、社内コンテストです。「接客コンテスト」「レジ打ちコンテスト」「物作りコンテスト」など、日々の仕事に関連した社内コンテストを開催することで、従業員のスキルアップやモチベーションの向上を目指します。

上位入賞者には豪華景品を用意すれば、従業員も切磋琢磨しながら主体的に参加でき、会場もさらに盛り上がるでしょう。

13.オリジナルグッズの制作・配布

周年を記念したオリジナルグッズを制作・配布します。企業のロゴ入りノベルティや限定パッケージの新商品などを配布すれば、自社のPRとして活用できます。

14.周年記念キャンペーン

企業の周年を記念して、限定商品の販売やセールの実施などを行うこともあります。自社の周年記念を効率よくアピールできるほか、新たな顧客や取引先の獲得にも効果が期待できるでしょう。

15.周年記念用の広告媒体の作成

周年記念用に特設サイトなどの広告媒体を作成します。WebやSNS上で特設サイトを広く拡散することで、新規顧客の獲得や商品のPRが見込めます。

オリジナルグッズの制作・配布や周年記念キャンペーンなどを組み合わせると、より広く自社の周年記念を告知することが可能です。

理念浸透・コミュニケーション強化はIKUSAのユニークな周年イベント企画で

株式会社IKUSAでは、企業イベントの企画から運営までを一貫してサポートする懇親会・社内パーティープロデュース」を提供しています。これまで年間1,000件以上のイベントを開催し、90種類以上のレクリエーションを提供できるIKUSAのイベントは、誰もが気軽に参加し楽しめることが最大の特徴です。

ただイベントを開催するのではなく、イベントを通して企業の課題解決をすることで、参加者もイベントの幹事さまも満足のいくようなイベントの提供を行っています。イベントの目的やニーズ、規模感などを専属の「あそびコンサルタント」がヒアリングし、最適なイベント企画を提案可能です。

せっかく周年記念イベントを開催するのであれば、普段よりも特別感を楽しめるイベントを開催したほうが、従業員や関係者の思い出にも強く残るでしょう。周年記念イベントの企画や運営でお困りの方は、ぜひIKUSAの「懇親会・社内パーティープロデュース」をご活用ください。

まとめ

周年記念イベントは、企業の創立○周年のような“節目”となる年に開催される記念パーティーです。「社内向け」と「社外向け」によって開催目的やターゲットが異なるため、周年記念イベントを成功させるには、目的の明確化や最適なターゲッティングが大切といえます。

今回紹介したポイントや企画などを参考に、周年記念イベントを開催してみてください。もし、イベントの開催に不慣れな場合や、準備・企画などの時間を割けない場合には、イベント企画会社に外注する方法もおすすめです。

株式会社IKUSAであれば、イベントの企画から運営までを一貫して任せられます。イベントのことでお困りなら、ぜひ一度、IKUSAまでご相談ください。

 

【関連記事】

パーティー企画についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

企業パーティーの企画を任された方へ!成功する企画のコツやおすすめの企画アイデア、企画代行会社も紹介

ビジメシ編集部

この記事を書いた人

ビジメシ編集部

ビジメシでは、お食事の手配に悩む幹事様に向けた、お役立ち情報をご紹介しています。オンラインイベントでのフード宅配からケータリング、BBQまで、お食事手配はビジメシにお任せください!懇親会やレクリエーション、研修、ランチミーティングなど、あらゆるビジネスシーンでのお食事手配をサポートいたします。