社内イベント
オンライン

飲み会におすすめのクイズゲーム10選|盛り上がる余興をお探しの幹事様必見

飲み会が盛り上がるクイズを取り入れたいと考えている幹事にとって、「どんなクイズにするべき?」といった悩みはつきものでしょう。
一口に「クイズ」といっても、ジャンルもシステムもさまざま。シーンによって適したクイズゲームも異なります。

そこで、今回は飲み会が盛り上がること間違いなしのおすすめクイズゲームをご紹介します。オンライン飲み会・オフライン飲み会それぞれにピッタリのクイズゲームを見ていきましょう。

飲み会でクイズを実施するメリット

飲み会でクイズを実施するにあたり、そもそもどのようなメリットがあるのかご存じですか?
子どもから大人まで楽しめるクイズゲームは、飲み会に取り入れることでいろいろなメリットがあります。

まずは、飲み会でクイズを実施するメリットを見ていきましょう。

コミュニケーション活性化に繋がる

飲み会でクイズを実施するメリットとして、まず挙げられるのが「コミュニケーション活性化に繋がる」です。
クイズで問題を出題することで、参加者同士で意見を言い合ったり、正解した人に歓声があがったりとさまざまなコミュニケーションが見られます。

難易度の高いクイズを正解したり、正解率が多かったりすると、ほかの参加者の印象にも残りやすく、「顔を覚えやすい」といったメリットがあるのです。
飲み会の目的が親睦を深めることや、交流促進などであれば、クイズを取り入れるといいでしょう。

初対面同士でも楽しめる

飲み会でクイズを取り入れる際、メリットとして期待できるのが初対面同士でも楽しめることです。
初対面同士が集まる飲み会の場合、お互いに緊張して会話が盛り上がらなくなってしまうことがあります。とくに、ビジネスシーンの飲み会や、新入社員歓迎会などの場合は、参加者が緊張してしまうことも多く、なかなか打ち解けられないことが少なくありません。

しかし、クイズを導入するだけで雰囲気はガラリと変わります。クイズを取り入れると飲み会の雰囲気がカジュアルな印象になり、会話を交わしやすくなるのです。
また、クイズを通して発言機会が増えると、飲み会の場での雑談も多くなる傾向にあるので、飲み会にピッタリの企画と言えます。

工夫次第で飲み会がかなり盛り上がる

飲み会でのクイズはシンプルであり、定番企画のように感じるのではないでしょうか。
しかし、クイズは工夫やアイデア次第で飲み会がかなり盛り上がる企画です。たとえば、豪華な景品を1つ用意するだけでも、参加者のクイズに対する意欲は変わります。景品を紹介する際にも、参加者から歓声があがるので飲み会がぱっと華やかになるでしょう。

また、景品のほか「クイズの正解率が低い人には罰ゲーム」「チーム戦でクイズに臨むスタイル」など、参加者の傾向を見ながら工夫してみることで、通常の飲み会とは比較にならないくらい盛り上がります。

大掛かりな準備が必要ない

飲み会にクイズを取り入れるメリットの一つが、大掛かりな準備が不要な点です。
基本的にクイズは、出題する問題があればすぐに実施できます。そのうえ、クイズで出題するための問題は、バラエティ系の書籍やインターネット上でゲット可能。自宅にいながら準備が完結します。

また、近年は飲み会の景品に活用できるサービスも充実しています。予算に応じた景品を提案してくれたり、通販感覚で景品にピッタリのアイテムを確保できたりするなど、便利なサービスが増えているので、幹事の手間もかかりません。

進行などに対応している制作会社が多い

飲み会におけるクイズ企画は、イベントの制作会社などが進行や演出に対応していることが多いです。
単純に幹事や進行役がクイズを出題するだけでは盛り上がりに欠けてしまうもの。企画のプロに任せると、ビッグイベントのように楽しい演出で飲み会を盛り上げてもらえます。

そのため、盛り上がる飲み会にしたいという方には、対応している制作会社に依頼してみるといいでしょう。

オンライン飲み会でおすすめのクイズゲーム

オンライン飲み会でおすすめのクイズゲームには何が挙げられるのでしょうか。

「クイズ」といっても、さまざまな種類があるもの。何を取り入れたらいいのか悩んでしまう……という方は、以下の企画を参考にしてみてください。

オンラインクイズ大会

オンライン飲み会でおすすめのクイズゲームは、ズバリIKUSAの「オンラインクイズ大会」です。
オンラインクイズ大会は、パソコンやスマホから気軽に参加できるオンラインアクティビティの一つ。単純なクイズゲームを、オンラインならではの豪華な演出で盛り上げていきます。

オンライン飲み会のクイズと言えば、出題と回答を繰り返すだけ……といった物足りない企画になりがち。しかし、オンラインクイズ大会は、クイズ番組さながらの雰囲気で楽しく進行していきます。

オンラインクイズ大会の詳細はこちら

ノーカタカナヒントクイズ

「ノーカタカナヒントクイズ」は、カタカナ(外来語)のお題を日本語で説明していくというユニークなゲームです。
まず参加者のうち1人が代表者となり、カタカナのお題を確認します。お題を確認したら、カタカナ言葉を使用しないように注意しながら、ほかの参加者にお題を説明していくのです。

たとえば、「ダウンロード」「プロデュース」「ゲーム」などがお題として挙げられるでしょう。参加者がお題を当てられたらクリアです。

超接写クイズ

オンラインならではのクイズゲームと言えるのが「超接写クイズ」です。
超接写クイズは、カメラに極限までお題の物を近づけて、徐々にカメラから遠ざけていきます。徐々にカメラから離れていくことで、お題の物の全体像が見えてくるのでいち早く回答した参加者が勝利です。

シンプルな形状の物であっても、至近距離でカメラに映すと何が写っているのかはまったくわかりません。質感や色、雰囲気がしっかりと見えているのに、何が写っているのかわからないのが超接写クイズの面白さです。

おみやげ謎

おみやげ謎は、IKUSAが提供しているアクティビティの一つです。
IKUSA
から送付される専用のキットを使って、自宅で謎解きを楽しめます。オンライン飲み会で活用するのであれば、ビデオ会議などのツール上で繋がりながら、一緒に謎解きを進めていくのがおすすめ。
オンラインでありながら、アナログな方法で謎解きゲームを楽しめます。

ちなみに、おみやげ謎はIKUSAのほかのサービスと組み合わせて利用可能です。たとえば、料理の宅配サービスである「オンラインフードデリバリー」と一緒に依頼できるので、参加者のおつまみや食事も手配しつつ、謎解きゲームの準備も進められます。

オンラインフードデリバリーの詳細を見る

リモ謎SHORT

IKUSAで人気のオンライン謎解き脱出ゲームであるリモ謎の短縮版が「リモ謎SHORT」です。
通常版のリモ謎は所要時間が2時間であるのに対し、リモ謎は演出などを含めてもわずか1時間程度で完結。楽しいだけではなく、しっかりとチームビルディング効果も得られるのが魅力です。

ちなみにリモ謎SHORTは、ファシリテーターもIKUSAが対応。演出から進行に至るまで全て丸投げできるので、幹事の負担を大幅に軽減できます。

リモ謎の詳細はこちら

オフライン飲み会でおすすめのクイズゲーム

最後の項ではオフライン飲み会でおすすめのクイズゲームをご紹介します。
オフラインだからこそ楽しめる臨場感溢れるクイズゲームをチェックしていきましょう。

ジェスチャーゲーム

オフライン飲み会でおすすめのゲームとして、まず紹介するのがジェスチャーゲームです。
ジェスチャーゲームは、お題を体の動きだけで表現するというシンプルなクイズ。代表者だけがお題を確認し、体を動かしてほかの参加者にお題を当ててもらいます。

普段見ることのないような動きやおかしな動きで笑いに繋がることも少なくありません。結果的に盛り上がるので、簡単ながらも重宝するクイズゲームと言えます。

ジェスチャーゲームを実際やってみた動画はこちらです。

お絵描きクイズ

お絵描きクイズは、オフライン飲み会にベストなクイズゲームです。
参加者から1人を代表者として選出しお題を確認してもらいます。お題を確認した代表者は、スケッチブックなどに絵でお題を表現していくのです。

人それぞれの絵のクオリティを楽しめるのがお絵描きクイズの特徴。クイズを楽しみつつも、お互いの画力を見る機会にもなり、交流が深まるチャンスも生まれるでしょう。

クイズ○○通!!

ニッチなジャンルを攻めたクイズとして紹介するのが「クイズ○○通!!」です。
あらかじめ録画・準備しておいた映像を映して特定のタイミングでストップ。「この後どうなるでしょうか」といった具合でクイズを行います。

主に、スポーツ選手の展開を予想する問題が多く、「この後の打球はどうなるでしょうか」「この後決める技は何でしょうか」などがメイン。
スポーツジャンル以外にも、アニメやドラマ、将棋など、参加者の傾向と照らし合わせながらチョイスしてみてください。

早押しクイズ

「早押しクイズ」は、文字通り参加者同士で回答の早さを競うクイズゲームです。
早押しクイズは、参加者がどんどん回答していくので、テンポよく進めていけるように問題の難易度は低めがおすすめ。最終的には最も多く回答した参加者が優勝となります。

なお、早押しクイズでは、問題をたくさん用意しておくことをおすすめします。スムーズに進むと問題を読み上げている最中に回答があるなど、数秒でどんどん進んでいくことも珍しくありません。
盛り上がってきたところで、ネタ切れとならないよう余裕を持って問題を準備しておきましょう。

内輪ネタクイズ

飲み会の定番である「内輪ネタ」は、クイズにすることで大盛り上がりします。
たとえば、「欠勤が0日の従業員は誰?」「勤続年数が最も長いのは誰?」など、社内の人間にしかわからない内輪ネタはお互いの理解を深めることにも繋がるのでおすすめです。

飲み会後のコミュニケーションのきっかけや、雑談のネタにもなるので、会社の飲み会で取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は飲み会に使えるクイズ企画について詳しくご紹介しました。
一口に「クイズ」といっても、さまざまなものがあります。当然、盛り上がるクイズや、のんびりと楽しめるクイズなど、企画によって雰囲気が大きく異なるので慎重に判断したいところです。

現在、飲み会でクイズを取り入れたいと考えている方は、本ページの企画を参考にしながら計画してみてはいかがでしょうか。

 

1993年生まれ。栃木県在住。一児のシングルマザーライター。Web媒体・紙媒体にて、ジャンルを問わず多くのメディアで執筆。BtoB向け記事の他、ママ目線でのコラム執筆も手掛ける。専門家や起業家などへの年間インタビュー数200人を目標に、パワフルに活動中。