社内イベント
オンライン

飲み会におすすめのクイズゲーム9選|盛り上がる余興をお探しの幹事様必見

飲み会が盛り上がるクイズを取り入れたいと考えている幹事にとって、「どんなクイズにするべき?」といった悩みはつきものでしょう。
一口に「クイズ」といっても、ジャンルもシステムもさまざま。シーンによって適したクイズゲームも異なります。

そこで、今回は飲み会が盛り上がること間違いなしのおすすめクイズゲームをご紹介します。オンライン飲み会・オフライン飲み会それぞれにピッタリのクイズゲームを見ていきましょう。

こちらの記事ではオンライン・オフライン別の飲み会におすすめの企画をあわせて20選紹介しています。ご興味がある方はぜひご覧ください。

飲み会の成功は「企画」で決まる!リアル・オンライン別におすすめの企画を20選公開

こちらの記事ではオンライン・オフライン別の飲み会におすすめのゲームをあわせて35選紹介しています。ご興味がある方はぜひご覧ください。

飲み会でおすすめのゲーム35選【オンライン・オフライン別で紹介】

お問い合わせする

オンライン飲み会でおすすめのクイズゲーム

オンライン飲み会でおすすめのクイズゲームには何が挙げられるのでしょうか。

「クイズ」といっても、さまざまな種類があるもの。何を取り入れたらいいのか悩んでしまう……という方は、以下の企画を参考にしてみてください。

こちらの記事ではリモート飲み会におすすめのゲームやオンライン飲み会に必要な準備を解説しています。ご興味がある方はぜひご覧ください。

リモート飲み会とは?必要な準備や成功するためのポイント、便利ツールやおすすめゲームを紹介!

ノーカタカナゲーム

「ノーカタカナヒントクイズ」は、カタカナ(外来語)のお題を日本語で説明していくというユニークなゲームです。
まず参加者のうち1人が代表者となり、カタカナのお題を確認します。お題を確認したら、カタカナ言葉を使用しないように注意しながら、ほかの参加者にお題を説明していくのです。

たとえば、「ダウンロード」「プロデュース」「ゲーム」などがお題として挙げられるでしょう。会社独自の用語をお題に出してみても盛り上がりそうですね!

超接写クイズ

オンラインならではのクイズゲームと言えるのが「超接写クイズ」です。
超接写クイズは、カメラに極限までお題の物を近づけて、徐々にカメラから遠ざけていきます。徐々にカメラから離れていくことで、お題の物の全体像が見えてくるのでいち早く回答した参加者が勝利です。

シンプルな形状の物であっても、至近距離でカメラに映すと何が写っているのかはまったくわかりません。質感や色、雰囲気がしっかりと見えているのに、何が写っているのかわからないのが超接写クイズの面白さです。

ワードウルフ

ワードウルフとは、1人だけ違う話題について話している「人狼」を探し当てるゲームです。お題を2つ決めて、5分程度トークタイムを設けます。その中でお題の違う1人「人狼」を当てられたら勝利。「人狼」は見つからなければ勝利です。自分も含め、誰が「人狼」かは知らされません。会話の中で小さな違和感に気づき「人狼」を見つけ出すことや、自分がいち早く「人狼」であることを自覚して他のメンバーを別の人に誘導することがポイントです。

格付けバトルONLINE

格付けバトルは、テレビでおなじみのクイズゲームがオンライン飲み会で楽しめるレクリエーション企画です。

「俳句」「紅茶」「絵画」「牛肉」の4つのカテゴリで「一流の品」を見極めます。
紅茶と牛肉はそれぞれのご自宅にお届け。五感を使って楽しむクイズゲームで盛り上がってみませんか?

格付けバトルの詳細はこちら

オフライン飲み会でおすすめのクイズゲーム

最後の項ではオフライン飲み会でおすすめのクイズゲームをご紹介します。
オフラインだからこそ楽しめる臨場感溢れるクイズゲームをチェックしていきましょう。

こちらの記事では飲み会を盛り上げるおすすめのパーティーゲームを紹介しています。ご興味がある方はぜひご覧ください。

飲み会をもっと盛り上げる!おすすめのパーティーゲーム20選

ジェスチャーゲーム

オフライン飲み会でおすすめのゲームとして、まず紹介するのがジェスチャーゲームです。
ジェスチャーゲームは、お題を体の動きだけで表現するというシンプルなクイズ。代表者だけがお題を確認し、体を動かしてほかの参加者にお題を当ててもらいます。

普段見ることのないような動きやおかしな動きで笑いに繋がることも少なくありません。結果的に盛り上がるので、簡単ながらも重宝するクイズゲームと言えます。

ジェスチャーゲームを実際やってみた動画はこちらです。

お絵描きクイズ

お絵描きクイズは、オフライン飲み会にベストなクイズゲームです。
参加者から1人を代表者として選出しお題を確認してもらいます。お題を確認した代表者は、スケッチブックなどに絵でお題を表現していくのです。

人それぞれの絵のクオリティを楽しめるのがお絵描きクイズの特徴。クイズを楽しみつつも、お互いの画力を見る機会にもなり、交流が深まるチャンスも生まれるでしょう。

クイズ○○通!!

ニッチなジャンルを攻めたクイズとして紹介するのが「クイズ○○通!!」です。
あらかじめ録画・準備しておいた映像を映して特定のタイミングでストップ。「この後どうなるでしょうか」といった具合でクイズを行います。

主に、スポーツ選手の展開を予想する問題が多く、「この後の打球はどうなるでしょうか」「この後決める技は何でしょうか」などがメイン。
スポーツジャンル以外にも、アニメやドラマ、将棋など、参加者の傾向と照らし合わせながらチョイスしてみてください。

早押しクイズ

「早押しクイズ」は、文字通り参加者同士で回答の早さを競うクイズゲームです。
早押しクイズは、参加者がどんどん回答していくので、テンポよく進めていけるように問題の難易度は低めがおすすめ。最終的には最も多く回答した参加者が優勝となります。

なお、早押しクイズでは、問題をたくさん用意しておくことをおすすめします。スムーズに進むと問題を読み上げている最中に回答があるなど、数秒でどんどん進んでいくことも珍しくありません。
盛り上がってきたところで、ネタ切れとならないよう余裕を持って問題を準備しておきましょう。

内輪ネタクイズ

飲み会の定番である「内輪ネタ」は、クイズにすることで大盛り上がりします。
たとえば、「欠勤が0日の従業員は誰?」「勤続年数が最も長いのは誰?」など、社内の人間にしかわからない内輪ネタはお互いの理解を深めることにも繋がるのでおすすめです。

飲み会後のコミュニケーションのきっかけや、雑談のネタにもなるので、会社の飲み会で取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は飲み会に使えるクイズ企画について詳しくご紹介しました。
一口に「クイズ」といっても、さまざまなものがあります。当然、盛り上がるクイズや、のんびりと楽しめるクイズなど、企画によって雰囲気が大きく異なるので慎重に判断したいところです。

現在、飲み会でクイズを取り入れたいと考えている方は、本ページの企画を参考にしながら計画してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

飲み会におすすめのサービスが知りたい方はこちら。

【2022】オンライン飲み会におすすめのサービス10選

飲み会のコロナ対策について知りたい方はこちら。

飲み会におけるコロナ感染対策とは?【開催前に必ずチェック】

資料をダウンロードするお問い合わせする
粕谷麻衣

この記事を書いた人

粕谷麻衣

1993年生まれ。栃木県在住。一児のシングルマザーライター。Web媒体・紙媒体にて、ジャンルを問わず多くのメディアで執筆。BtoB向け記事の他、ママ目線でのコラム執筆も手掛ける。専門家や起業家などへの年間インタビュー数200人を目標に、パワフルに活動中。