幹事お役立ち情報
社内イベント
オンライン
飲み会

リモート飲み会がもっと盛り上がる!おすすめのゲーム35選

「リモート飲み会を実施したいけれど、どんなゲームを取り入れればいいのかわからない」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
Zoom
LINEを使ったリモート飲み会が定番となってきている今、リモートでできるゲームの需要も高まっています
そこで、今回はリモート飲み会がもっと盛り上がる、おすすめのゲームを35種類ご紹介!参加人数や飲み会の目的などと照らし合わせながら参考にしてみてください。

お問い合わせする

対応人数15人|リモート飲み会におすすめのゲーム

 

まずは、対応人数1~5人のおすすめゲームをご紹介します。

大富豪Online

オンラインで大富豪が楽しめるゲームです。定番のルールはもちろんのこと、革命や8切りといったローカルルールも追加できます。
オンラインでも、一緒の空間でトランプをしているような感覚で大富豪を楽しめるのが特徴です。

  • 準備するもの:アプリのインストール
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:~5

麻雀 天極牌

飲みながら麻雀をしたい方にピッタリなゲームです。麻雀好きはもちろんのこと、初心者でも気軽に楽しめるよう、さまざまなサポートが整っています。4人のほか「三人麻雀」として楽しめるので、少人数のリモート飲み会でも導入できます。

  • 準備するもの:アプリのインストール
  • 所要時間:1時間
  • 人数:24

大喜利オンライン

オンラインで大喜利を楽しめるアプリです。出題されたお題に対して、即座におもしろい解答をすれば得点が入ります。おもしろいかどうかは参加者同士で判定するので、公平な基準で得点をゲットできます。頭の瞬発力が鍛えられるので、リモート飲み会にぴったりです。

  • 準備するもの:アプリのインストール
  • 所要時間:数分~
  • 人数:~4

UNO

パーティーゲームで定番のUNO」のオンラインバージョンです。アプリ内でカードが配布されたり、効果音とともにアクションが表示されたりと、リアルよりも豊富な演出のなかでUNOを楽しめます。
ちなみに、UNO!は定番のルールだけではなく、一風変わったユニークなゲームでも遊べるのが特徴です。

  • 準備するもの:アプリのインストール
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:~4

はぁって言うゲーム

近年注目を集めているパーティーゲームです。お題に沿って「はぁ」と言うだけのシンプルなゲーム。しかし、「力をためるはぁ」「ぼうぜんのはぁ」「なんで?のはぁ」など、感情を込めて表現しなければ相手に伝わらないものばかり。
また、「はぁ」のほかにも、「大丈夫」「にゃー」「なんで」「ヤバい」などさまざまなワードで楽しめます。

また、IKUSATUBEやビジネスゲーム研修.comでも紹介しておりますので、こちらも参考までにどうぞ。

 

はぁって言うゲーム

ビジネスゲームの検索サイトはこちら

へんなかんじ

お題に沿ってオリジナルの漢字を作るというユニークなゲームです。たとえばお題が「マンモス」なら「氷」と「象」、あるいは「大」「牙」「象」を組み合わせてみるのもいいでしょう。
作成した漢字は他の参加者に見せて「なんと読むか」当ててもらいます。お互いに当て合うシンプルなゲームですが、ちょっぴり頭をひねる必要のあるところがおもしろポイントです。

  • 準備するもの:へんなかんじ
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:~5

インサイダーゲーム

インサイダー役を一人だけ紛れ込ませて進めていくゲームです。

お題を知るゲームマスターに対して参加者が質問を投げかけ、どのようなお題があるのかを探っていきます。インサイダー役は正体を隠しながら、お題を当てられないように妨害的な質問をします。

インサイダー役に惑わされずに制限時間内にお題を当てることが、ゲームの目的です。

ゲームが終わったら、インサイダー役が誰であったのかを話し合い、正体を隠し通せたらインサイダー役が勝利です。

  • 準備するもの:インサイダーゲームセット
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:48

ワンナイト人狼

ワンナイト人狼は、ブラウザで楽しめるパーティーゲームです。初心者でも楽しめるだけではなく、上級者には、ゲームマスター鑑賞モードや、狂人が占われたとき村人に見えるオプションなど、さまざまな機能があります。
また、ブラウザで楽しめるので、アプリやソフトのインストールも不要。気が向いたときにササッと遊べる点が魅力です。

  • 準備するもの:なし
  • 所要時間:1時間
  • 人数:38

ワードウルフ

「少数派を暴く」のがコンセプトのゲームです。「レモン」「グレープフルーツ」など、2つのキーワードを準備し、参加者にはどちらかが与えられます。しかし、自分が少数派なのか、多数派なのかはこの時点ではわかりません。
会話を重ねながら「黄色いですよね」「少し苦みがありますよね」といった内容で、自分の立場を見極めます。
少数派側の方は自分の正体がバレないように周りに会話を合わせ、多数派の方は少数派が誰なのかを見破るゲームです。

  • 準備するもの:事前に似たキーワードを2種類
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:35

また、こちらもご参考までにどうぞご覧ください。

ウミガメのスープ

水平思考クイズとして人気を集めているゲームです。回答者は出題者に「YES」か「NO」、もしくは「関係ありません」の3択で答えられる質問をします。このゲームのゴールは、出題者による問題の謎を解き明かすことです。
有名な問題には、以下のようなものがあります。

「ある男が、とある海の見えるレストランで「ウミガメのスープ」を注文した。
スープを一口飲んだ男は、それが本物の「ウミガメのスープ」であることを確認し、勘定を済ませて帰宅した後、自殺した。一体、なぜ?」
上記の文だけではわからない部分を質問していき、真相へと向かっていきます。

  • 準備するもの:ゲーム内で使える問題
  • 所要時間:1時間
  • 人数:35

対応人数510人|リモート飲み会が盛り上がるゲーム

ここからは、対応人数5~10人に対応しているゲームをご紹介します。
友人同士、同僚との飲み会など、さまざまなシーンで取り入れてみてください。

ito

カードゲームの一つで、協力スタイルで進めていくのが特徴のゲームです。数字の大きさを言葉で表現するというユニークなゲーム。高いものをテーマとすると40を表現するために観覧車、90を表現するために東京タワーなど、いろいろな表現で手持ちの数字を伝え合い、全ての手札を小さい順に出しきれたらクリアです。

オンラインで実施する際には、各々がランダムに数字を決めると良いでしょう。

  • 準備するもの:ito
  • 所要時間:1時間
  • 人数:38

また、こちらの解説もご参考までにどうぞご覧ください。

ito(イト)

みんなでぽんこつペイント

直線と正円だけでお題を描くという、やや難易度の高いお絵描きゲームです。お題は「かかし」や「毒きのこ」など、直線と正円だけで描くのはやや難しいものばかり。ちなみに、勝利の鍵はできる限り少ない画数で描くことです。
画数が少なく、なおかつ絵がわかりやすい人が勝利となるゲームです。

  • 準備するもの:みんなでぽんこつペイント
  • 所要時間:1つのお題につき1020
  • 人数:212

ボブジテン

カタカナのお題を、カタカナを使わずに他の参加者へヒントを出して当ててもらうというゲームです。たとえば、お題が「ダウンロード」であれば、ヒントのなかで「パソコン」「スマホ」などの単語は使えません。「電子端末に入れる……」「機械に取り込む……」など、カタカナを一切使わずに表現して、他の参加者に当ててもらえたらクリアです。

  • 準備するもの:ボブジテン
  • 所要時間:1530
  • 人数:38

また、こちらの解説もご参考までにどうぞご覧ください。

ボブジテン

ジャストワン

一人だけお題を知らない人を配置し、他の参加者は全員お題を知っているという状況で進めるゲームです。お題を知っている参加者が全員でヒントを言い、回答者はそのヒントからお題を連想していきます。
ただし、ヒントがかぶっている場合は、そのヒントを回答者に見せることはできません。もちろん、ヒントを出す際には相談してはいけないので、お互いにどんなヒントを出すのかを想像し合いながらヒントを考える必要があります。

  • 準備するもの:ジャストワン・メッセージアプリ
  • 所要時間:2030
  • 人数:47

クイズいいセン行きまSHOW

クイズでありながら、明確な答えのないちょっぴりユニークなゲームです。ルールは、クイズに対する答えのちょうど真ん中を解答した人が正解となります。
たとえば、「猫舌とは何度以上を熱いと感じる人のことを言うか」というクイズに対し、回答者が「45℃」「48℃」「53℃」「60℃」「67℃」と答えたら、ちょうど真ん中の回答となる「53℃」を答えた人が正解となります。

  • 準備するもの:クイズいいセン行きまSHOW
  • 所要時間:30
  • 人数:310

ブラックストーリーズ

ブラックストーリーズは、ウミガメのスープに似た内容のゲームですが、ブラックユーモアにあふれるストーリーが特徴。「死」が絡むゲームなので、参加者の傾向を見ながらチョイスを検討するといいでしょう。
水平思考ゲームを取り入れたいときには、ぜひブラックストーリーズを検討してみてください。

  • 準備するもの:ブラックストーリーズ
  • 所要時間:13時間
  • 人数:210人(大人数も可能)

山手線ゲーム

山手線ゲームは、数あるパーティーゲームのなかでも定番かつ誰でも取り組みやすいゲームです。定番のお題は、「山手線の駅名」ですが、基本的にお題に縛りはありません。たとえば、「中華料理の名前」「世界の主要都市」などでもOKです。
アニメ好きが集まったら「アニメ化された漫画の名前」、ゲーム好きが集まったら「2020年に発売スタートしたゲーム」など、参加者が理解できるものであれば、ニッチなジャンルで攻めてみるのも楽しいでしょう。

  • 準備するもの:なし
  • 所要時間:1030
  • 人数:510

チャットでニョッキ

チャットでニョッキは、定番パーティーゲーム「ニョッキ」のオンラインバージョンです。
チャット上で「1ニョッキ」「2ニョッキ」と参加者が自分のタイミングで自由にカウントアップしていきます。ただし、発言のタイミングがかぶってしまったり、正しくカウントアップできなかったりした場合には、1ニョッキからやり直し。10ニョッキまでカウントアップできたらクリアです。

  • 準備するもの:なし
  • 所要時間:1030
  • 人数:510

ジェスチャーゲーム

カメラ越しにジェスチャーでお題を表現するゲームです。お題を表現する際には、効果音や動きを口頭で説明するのはNG。必要に応じてジェスチャーする人はマイクをオフにするなど、状況を見ながらルールを設定するといいでしょう。

  • 準備するもの:なし
  • 所要時間:2040
  • 人数:510

IKUSATUBEのこちらの動画もどうぞご参考までにご覧ください。

NGワード

NGワードは、「発言してはいけないワード」をお互いに言わせ合うという、ちょっぴり心理戦要素のあるゲームです。自分に割り当てられたNGワードはわからないものの、自分以外のNGワードはあらかじめチャットなどで共有されます。コミュニケーションを重ねながらお互いのNGワードを言わせて脱落させていきます。

  • 準備するもの:なし
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:510

対応人数10人~数十人|中規模リモート飲み会対応ゲーム

Video conference concept. Telemeeting. Videophone. Teleconference. Remote work. 

ここからは、数十人規模に対応したゲームをご紹介します。

コードネームオンライン

コードネームオンラインは、「ゲームマスター」と呼ばれる存在からのヒントから、答えを模索していくゲームです。ゲームに必要な正解ワードを知る「スパイマスター」を配置。スパイマスターがヒントを共有したら、他の参加者がヒントをもとに正解を探していきます。

  • 準備するもの:コードゲームオンライン
  • 所要時間:12時間
  • 人数:10人~

5W1Hゲーム

参加者一人ひとりが「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どのように」「なぜ」のいずれかの要素に関する言葉を考え、全員で一文を作っていきます。お互いに相談せずに言葉を考えるので、いざ全員分を集めると思わぬ文章が出来上がり、盛り上がります。

  • 準備するもの:なし
  • 所要時間:2030
  • 人数:10人~

早押しクイズ

手軽かつ盛り上がるゲームをお探しの方には、早押しクイズ」がおすすめです。
難易度が低いクイズをたくさん用意し、進行役がどんどんクイズを出題。回答者は挙手機能などを使って、回答権をゲットし、答えていきます。

  • 準備するもの:出題するクイズや問題
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:10人~

答え一致ゲーム

答え一致ゲームは、一つのお題に対して全員が意思疎通を図り、同じ回答を目指すというシンプルなゲームです。「目玉焼きにかけるなら?」「旅行へ行くなら沖縄?北海道?」など、回答が分かれやすそうなものですが、他の参加者と同じ回答になるよう「あれだよね!」とヒントを出し合いながら答え一致を目指していきます。

  • 準備するもの:出題する問題
  • 所要時間:2030
  • 人数:10人~15

心理テスト

お互いの意外な一面が見える心理テスト。進行役が出題する設問に対して、自分に該当する選択肢を選ぶというシンプルなもの。今後の会話のネタにもなりやすいので、リモート飲み会にピッタリです。

  • 準備するもの:心理テストの問題
  • 所要時間:15分~30
  • 人数:1015

ジオゲッサー

Google マップを使って遊べるゲームです。まず、進行役が世界中から一ヵ所選び、マップ上の様子をカメラ越しに他の参加者へ見せます。参加者は進行役が見せてくれたマップを確認したうえで、自分のGoogle マップから探し当てるゲームです。

  • 準備するもの:Googleマップ
  • 所要時間:12時間
  • 人数:10人~

インスタグラムタグハイロウクイズ

インスタグラムのハッシュタグを使ったクイズです。2つのハッシュタグを選び「どちらのほうが使われているか」を質問。回答者はユーザーの傾向などを想像しながら、どちらのハッシュタグのほうが多いかを想像します。

  • 準備するもの:進行役のみインスタグラムをインストール
  • 所要時間:2030
  • 人数:10人~

ノーカタカナクイズ

カタカナのお題を、カタカナを使用せずに表現するゲームです。代表者はカタカナを使用せずに、他の参加者へお題のヒントを出すのがルール。無事にお題を当ててもらえればクリアです。

  • 準備するもの:なし
  • 所要時間:30
  • 人数:10人~

IKUSATUBEの動画も、どうぞご参考までにご覧ください。

家にあるものしりとり

カメラを活用したリモート飲み会らしいゲームです。家にあるものだけを使ってしりとりをするというもの。もちろん、カメラの前まで持ってくるか、カメラを目的の物まで近づける必要があります。

  • 準備するもの:なし
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:10人~

IKUSATUBEの動画も、どうぞご参考までにご覧ください。

秒数当てゲーム

進行役の「スタート」を合図に、参加者が各自心の中でカウントし、ピッタリ60秒で挙手をするゲームです。
簡単そうに見えますが、60秒は意外にも長いのが事実。早すぎたり、遅すぎたりしてなかなかピッタリに当てるのは難しいゲームです。

  • 準備するもの:なし(進行役はスマホなどのタイマーを使用)
  • 所要時間:10分~20
  • 人数:10人~

対応人数100人以上も可|大規模なリモート飲み会にピッタリのゲーム

最後の項では、対応人数100人以上も可能な「大規模リモート飲み会向け」のゲームをご紹介します。

リモ謎

リモ謎のキービジュアル

リモ謎は、数百人規模でも楽しめるオンライン型謎解き脱出ゲームです。オンラインでありながら、本格的な脱出ゲームが特徴。チームで協力しながら、制限時間以内に脱出を目指します。親睦を深めるだけではなく、チームビルディングの向上も期待できます。

  • 準備するもの:リモ謎の依頼
  • 所要時間:短縮版の場合1時間、通常版の場合2時間
  • 人数:100人以上もOK
リモ謎の詳細はこちら

リモBako

リモBakoは、リモ謎と「reBako」がコラボした、新感覚のリモートイベントです。
ブラウザ上の「会場」を自由に移動して、情報を集めたり探索したりすることが可能。情報や謎を集めて、リモ謎システムで爆弾を解除するのが主な目的です。

  • 準備するもの:リモBako申し込み
  • 所要時間:52時間
  • 人数:10200
リモBakoの詳細はこちら

おみやげ謎

おみやげ謎は、アナログかつ自宅で楽しめるユニークな謎解きゲームです。自宅に届く専用キットを使って、謎を解き明かしていきます。リモート飲み会で繋がりながら、ワイワイ謎解きゲームを楽しめるうえに、数百人規模にも対応しているので、大規模なイベントや、リモート飲み会のおみやげとしても活用できます

  • 準備するもの:おみやげ謎申し込み
  • 所要時間:30分~1時間
  • 人数:数百人に対応
おみやげ謎の資料をダウンロードする

イントロドン

リモート飲み会では、「イントロドン」が盛り上がります。有名曲や定番曲のイントロ部分のみを流し、参加者たちに回答してもらうというゲームです。Zoomであれば挙手機能を使って回答者を選ぶのもいいでしょう。
人数制限はないので、使用するビデオ会議ツールの上限人数までOKです。

  • 準備するもの:イントロドンで使う音楽のピックアップ
  • 所要時間:1530
  • 人数:使用するビデオ会議ツールの上限人数

歌詞朗読クイズ

有名曲・定番曲の歌詞を淡々と朗読していき、参加者が何の曲かを当てていきます。音楽なしで歌詞を読まれると、普段聞いている音楽でもわからないものです。回答を聞いてから「なるほど!」といったリアクションも多く、意外にも大盛り上がりします。

  • 準備するもの:歌詞朗読をする曲のピックアップ
  • 所要時間:1530
  • 人数:使用するビデオ会議ツールの上限人数

まとめ

本ページでは、リモート飲み会で使えるゲームについてご紹介しました。リモート飲み会では何をやったらいいのかわからない……と悩む方も多いですが、今回ご紹介した通り選択肢は意外にも多いです。
企画やレクリエーションの内容に迷ったら、本ページを参考にしながら、取り入れられそうなものを探してみてください。

【関連記事】

リモート飲み会におすすめのツールが知りたい方はこちら。

リモート飲み会におすすめのツールを紹介!開催する際のコツや注意点も

リモート飲み会におすすめの食べ物が知りたい方はこちら。

リモート飲み会で何食べる?おすすめの食べ物をカテゴリ形式で10個ご紹介

参考サイト:

資料をダウンロードする

お問い合わせする 

粕谷麻衣

この記事を書いた人

粕谷麻衣

1993年生まれ。栃木県在住。一児のシングルマザーライター。Web媒体・紙媒体にて、ジャンルを問わず多くのメディアで執筆。BtoB向け記事の他、ママ目線でのコラム執筆も手掛ける。専門家や起業家などへの年間インタビュー数200人を目標に、パワフルに活動中。