社内イベント
飲み会

新年会を成功させる店選びのポイントを紹介!

新年会を盛り上げる要素の一つが、お店の雰囲気やメニューでしょう。しかし、「どのような店を選ぶか」は幹事の悩みの種かもしれません。

この記事では、新年会の店選びのポイントや、注目が集まる「オンライン」で新年会を行う際のポイントを解説します。 

新年会のお店選びは満足度に直結する!

 

新年会では、参加者同士のコミュニケーションを円滑にし、盛り上げるための工夫が大切です。楽しめる企画やゲームを用意することはもちろんですが、新年会に適切なお店選びができれば自然と盛り上がる可能性もあります。

料理がおいしく、店の雰囲気も良ければ、参加者同士の会話のきっかけになり、自然とコミュニケーションが生まれるからです。

ここからは、新年会のお店選びについて解説していきます。

新年会のお店の選び方

ここからは、新年会のお店選びにおいて意識すべきポイントを解説していきます。 

会社からのアクセス

新年会が仕事終わりのタイミングに開催されるのであれば、職場から会場までのアクセスの良さは重要なポイントとなります。会場が職場から近ければ、参加者の負担が軽減されますし、仕事があり定時に上がれない社員がいたとしても、後から参加しやすくなります。

また、仕事終わりではなく、休日に新年会を実施する場合も、社員が定期券を利用できるため基本的には会社近くの店を選ぶのが無難です。

会場までの最寄り駅が普段と違うと、参加する社員が各自行き方を調べる手間がかかってしまう懸念もあります。 

個室の有無

新年会は、個室で行うのが基本です。周りに別のグループがいると思い切り盛り上がれないですし、周囲の声が大きいとコミュニケーションが取りづらくなります。また、ビジネスの話もしづらくなってしまうでしょう。

個室がない場合は、会場を貸し切りにするのも一つの手です。

料理のジャンル

店選びには、そこで提供される料理も重要です。

参加者の好みをすべてカバーできないため、「万人受けする」ような料理を選ぶことは難しいですが、たとえば「エスニック料理」などは好みが分かれやすいため、避けるのが無難かもしれません。

新年会では、肉や魚介、ご飯ものなどがバランスよく含まれているお店やメニューを選ぶと安心です。 

飲み放題の種類

新年会では、「飲み放題」のプランを選択するケースが多いのではないでしょうか。飲み放題のプランを利用する場合には、プラン内で飲めるお酒の種類をチェックしておくことが大切です。

飲み放題は、なるべく色々な選択肢がある方が、参加者の満足度が高まるでしょう。

ビールや焼酎、日本酒、ウイスキーなどは、飲み放題メニューに含まれている場合が多いですが、さらにプラスアルファで、いろいろな種類のカクテルなどがあるとより好ましいです。

参加者の中には「ビールや焼酎、日本酒といったお酒はあまり飲めないが、カクテルなどであれば飲みやすい」という方もいる場合があるからです。

また、お酒を飲めない方に配慮して、ソフトドリンクの種類も豊富な店を選ぶとよいでしょう。定番のソフトドリンク以外にも、ノンアルコールカクテルも提供しているお店であれば、お酒を飲めない方でもより楽しめます。 

料理の量とコストのバランス

新年会には、ある程度ボリュームのあるメニューを用意しているお店を選ぶのが無難でしょう。コース料理の場合は、1品当たりの量が少ない場合があり、「たくさん食べたい」と思っている参加者の期待に沿えない可能性があるため注意が必要です。

味はもちろん重要ですが、「コストに対して満足できるボリュームかどうか」をチェックしておきましょう。

新年会のお店選びを成功させるポイント

次に、新年会のお店選びを成功させるためのポイントについて解説します。 

下見をしておく

新年会の幹事は、お店の下見をしておきましょう。ネットなどの情報だけだと、「座席の配置が悪くコミュニケーションをとりづらい」「個室だが、外に声が漏れやすい」「料理の提供が遅い」といった想定外のトラブルが起こるかもしれません。

実際に店内で食事をしてみて初めて気づくこともあるため、可能であれば一度お店に足を運んでみた方が良いでしょう。

予約は早めに

新年会会場の予約は、遅くても1カ月前には済ませておいた方が良いでしょう。人気のお店は2カ月前に予約しても早くはありません。

新年会の時期は予約が殺到するので、予定日まで1カ月を切ってしまうと、どんどん予約できるお店が減っていき選択肢がなくなってしまいます。ギリギリになって焦らないよう、3カ月程度前から下見も含めて準備しておくのが理想的でしょう。

オンライン新年会の場合は「デリバリーサービス」の利用がおすすめ

コロナ禍をきっかけに、お店で新年会を開催するのではなく、オンラインで開催するケースも増えています。

オンライン新年会は、各自が自宅から参加するため気軽で、幹事にとっても「店を予約する必要がない」ことが利点です。

ただし、店選びの必要はないといっても、料理の手配をする必要があります。

そこで、満足度の高いオンライン新年会にするためにおすすめなのが、同じ料理を参加者それぞれの自宅に個別配送してくれる「フードデリバリーサービス」です。

各自注文するのではなく、幹事が一括で注文を行い、参加者それぞれの自宅へ料理が配達される点が特徴です。

オンラインで行う新年会では、参加者同士が離れた場所にいるため、会話のきっかけをづくりや、一体感を高めることが、対面の時よりも難しくなります。しかし、離れていても同じ料理を食べることで、繋がりを感じられ、会話のきっかけにもなります。

オンラインで新年会の開催を検討している場合は、フードデリバリーの活用を検討してみましょう。

オンライン新年会におすすめのフードデリバリーサービス

ここからは、オンライン新年会におすすめのフードデリバリーサービスをご紹介します。

nonpi foodbox

nonpi foodboxは、社内のオンラインイベントに特化したフードデリバリーサービスです。オンライン忘新年会をサポートするサービスも用意されていて、初めてオンライン忘新年会の幹事となった方のためのウェブセミナーなどもあります。

料理のプランは1人当たりの予算から選択できるようになっていて、2,000円台から9,000円台まで幅広い価格帯のものが用意されています。

スタンダードなプランは3,500円程度で、小分けされた料理とお酒がついています。

参照:nonpi foodbox™

ごちくるdeli BOX 

ごちくるdeli BOXはオンライン飲み会向けのオードブル宅配サービスです。料理が小分けされていて、見た目にも楽しめるでしょう。価格帯は3,500円程度から10,800円程度となっています。

10,800円のプランは「すき焼きセット」で、小分けされたお弁当形式のものであれば5,000円前後の価格帯となっています。

基本メニューは料理とペットボトルのお茶ですが、オプションでドリンクやサイドメニューをつけることも可能です。アレルギーがある方やビーガンの方がいる場合も個別に相談が可能で、臨機応変に対応してくれます。

参照:オンライン飲み会向け食事宅配サービス「ごちクル deli BOX」 – 【ごちクル】ケータリング・デリバリー・オードブル

オンラインフードデリバリー

オンラインフードデリバリーは、IKUSAが提供するフードデリバリーサービスです。

オンライン謎解きなどリモートで楽しめるイベント、コンテンツを提供するIKUSAならではの特徴として、料理とあわせて盛り上がれる企画・イベントをオプションで提供しています。

一例として、「おみやげ謎」という企画をオプションでつけることができます。同企画は、料理と一緒のボックスに「謎解きキット」が同梱されており、新年会を楽しみながら、自分のペースで謎解きが楽しめるもの。参加者同士のコミュニケーションのきっかけをつくることができます。

このような盛り上がる企画はもちろん、料理もプロのシェフ監修メニューなので、満足度の高いオンライン新年会になるでしょう。

オンラインフードデリバリーの詳細を見る

まとめ

新年会を成功させるためには店選びがポイントです。会社からのアクセスや、メニューやドリンクの種類などを比較しながら選びましょう。また、新年会の時期は予約が殺到するため、1カ月前には予約まで含めてすべての準備を完結できるよう進めましょう。

また、最近はオンラインで行う新年会も増えています。オンライン新年会の場合は、同じ料理を参加者それぞれの自宅に届けてくれる「フードデリバリーサービス」の利用がおすすめです。同じ料理を食べることで、離れていても繋がりを感じられ、会話のきっかけづくりにも役立つでしょう。

昨今では、料理だけでなく、オンラインで楽しめるおもしろいコンテンツをオプションでつけられるサービスもあるので、オンライン新年会の開催を検討している場合は、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

1993年生まれ。香川県在住。8年以上フリーランスで活動しているライター。随所に足跡があるイエティのような存在。讃岐うどんを作ることもできる生粋の香川人ですが、家で作ると台所が粉まみれになるのでなかなか作らせてもらえない。多くの読者に読んでもらえる記事を書くため、日々勇往邁進。