幹事お役立ち情報
社内イベント
オンライン

盛り上がる社内イベントのアイディア35選!オンラインでもリアルでも楽しもう

社内イベントはどのようなものなら盛り上がるのでしょうか。「幹事としてイベントを盛り上げたい」「皆に楽しんでもらいたい」「定番イベントにひねりが欲しい」といったお悩みを抱える幹事の方も多いのではないでしょうか。

今回は、定番から変わり種まで、盛り上がる社内イベントのアイディア35選をご紹介します。さらに社内イベントのコツや選び方なども解説しますのでぜひご参考にしてください。

盛り上がるオンライン社内イベント9

 

まずは、盛り上がるオンライン社内イベント9選をご紹介します。

1.リモ謎

リモ謎はリモートで謎解き脱出ゲームができる、IKUSAが提供するオンラインイベントです。楽しみながらチームビルディングをするのが目的で、チームで協力しながら謎を解いて脱出します。リモ謎は社内イベント以外にも、芸能人やインフルエンサーなどのファン交流イベント、社員研修などにも使われています。

各自が自宅のパソコンやスマホから参加可能で、また参加人数も数百人規模で利用できます。オンラインによる謎解きと聞くと難しそうに感じられるかもしれませんが、リモ謎は操作性もシンプルで謎解きやオンラインゲーム初心者の方でも問題なく楽しめます。

謎解きも複数のストーリーがあり、「電脳都市からの脱出」「会議室からの脱出」「本能寺からの脱出」など、さまざまな設定から選択できます。

リモ謎の詳細はこちら

2.リモBako

リモBakoは、リモ謎と同様にリモートワークでチームビルディングができる謎解きオンラインイベントです。チームで協力しながら、会場に仕掛けられた爆弾の解除を目指します。1年間で5万人以上が体験している大人気のオンラインイベントです。

オンラインの会場内を自由に移動でき、リアルイベントのような臨場感を味わえます。バーチャル空間の設定は自由度が高く、現実のような会議室にしたり、ファンタジーのような世界観にもできます。

リモBakoの詳細はこちら

3.オンラインクイズ大会

オンラインクイズ大会は、オンラインでクイズに回答していくゲームです。クイズの形式は2択や4択、並べ替えなどいろいろな形式から選べます。点数の集計が自動化されているため、大人数でもスムーズに楽しめるのはオンラインならではのメリットでしょう。

クイズの内容もオリジナルなので、会社に関連するクイズを設定すれば盛り上がるでしょう。

オンラインクイズ大会の詳細はこちら

4.オンラインビンゴ大会

オンラインビンゴ大会は、オンラインで手軽にビンゴを楽しめるイベントです。こちらも結果が自動集計なので手間はかかりません。ビンゴはシンプルなゲーム性のため、盛り上がるのか心配に思うかもしれませんが、IKUSAのオンラインビンゴ大会ではプロのMCが用意されており、イベントを盛り上げてくれます。これまでご紹介した他のコンテンツとセットで、景品つきのオンラインビンゴ大会を取り入れてもより楽しめるかと思います。

オンラインビンゴ大会の詳細はこちら

5.人狼ゲーム

パーティーゲームの定番になっている人狼ゲームも、最近はコロナ禍ということもあり、Zoomなどで通話しながらオンラインで遊ぶ方も増えてきました。その人狼ゲームをオンラインイベントに組み込むのはいかがでしょうか。

オンライン飲み会のようなメインのイベントの間に、人狼ゲームを入れる使い方がおすすめです。ワンナイト人狼と呼ばれる短時間で終わるものもあるため、気軽に行えます。

6.オンライン飲み会

オンライン飲み会は、ZoomLINEのビデオ通話機能を利用して、対面ではなく離れた場所にいる方と行う飲み会のことです。パソコンやスマホを通じて飲み会をするので気軽に行えます。社内イベントとして実行する場合は食事の手配をしたり、これまでご紹介したようなゲームとセットにしたりするなどして盛り上げていきましょう。

7.オンラインフードデリバリー

オンラインフードデリバリーは、IKUSAが提供するフードデリバリーサービスで、これまでにご紹介した「リモ謎」や「オンラインクイズ大会」などとセットで注文できます。また、謎解きとオンラインフードデリバリーのコラボ作品もあり、たとえば、デリバリーされたフードの中に謎解きのヒントが隠されていたりします。

食事もコンテンツも楽しみながらチームビルディングができるので社内イベントにも適しています。

オンラインフードデリバリーの詳細を見る

8.e-SPORTS

e-SPORTS はオンラインでできるゲーム大会です。スポーツという名前がついていますが、スポーツゲームに限定されるわけではありません。どのようなゲームであっても、オンラインで対戦するものはe-SPORTS と呼びます。

 e-SPORTS は通信を行うこともあり、参加人数が多い場合は幹事だけで環境の用意が難しいため、外部業者への依頼をおすすめします。そこで、IKUSAで提供しているサービスの、e-SPORTS運動会がおすすめです。当日の運営から、事前準備までIKUSAにお任せできます。お馴染みのビデオゲームやARスポーツなど、様々な競技の中から選んで開催可能なので、幅広い世代の方々でお楽しみいただけます。

e-SPORTS運動会 | 社内運動会・企業運動会でチームビルディングするなら社内運動会.com (shanaiundokai.com)

9.オンラインボードゲーム

オンラインボードゲームは、Zoomなどを使ってビデオ通話をしつつ、ボードゲームを楽しむイベントです。ボードゲームの選択肢はいろいろありますが、大きく2通りのやり方があります。

一つめは、1人が実際のボードゲームを用意して、それを画面に映します。その他の参加者は画面に映されるボードゲームを見ながらプレイする方法です。かんたんなゲームであれば、この方法で問題なくプレイできます。

二つめは、アプリやサーバー上にアカウントを用意してゲームをプレイする方法です。ホスト役が環境を用意し、そこにメンバーを招待して遊びます。この方法は環境を構築する作業や、通信への不安がありますが、一つめと異なり、ゲーム内のデータを自動で計算・記録ができるため、やや複雑なゲームでも対応が可能です。

盛り上がるリアル社内イベント26

Group of happy colleagues having fun at a new year celebration ahead or business success. Coworkers with diverse ethnicities are toasting wine or champagne glasses at the office party.

次に、オフラインで盛り上がる社内イベント26選をご紹介します。

10.チャンバラ合戦-戦IKUSA-

チャンバラ合戦IKUSA-は身体能力に関係なく、誰でも手軽に遊べるチャンバライベントです。ゲームの設定や演出にも力を入れていて、各地で盛況です。

ルールは非常にシンプルで、片手にスポンジ製の刀を持ち、腕に命となるボールを装着します。このボールを叩き落とされないように、仲間と協力してチャンバラ合戦を行います。

戦国時代の合戦をモチーフとしたチャンバラ合戦は、普段の生活では味わうことのできない熱狂感と一体感を体験することができます。

チャンバラ合戦-戦IKUSA-の詳細はこちら

11.謎解き脱出ゲーム

盛り上がるオンライン社内イベントでIKUSAの「リモ謎」をご紹介しましたが、リアルイベントの脱出ゲームも存在しています。

リアルイベントでありながら会議室などの狭いスペースでも開催できるのが特徴で、内容も大人向けに調整されており、社内イベントとしても気軽に行えます。ゲームでありながらも頭を使い、チームで力を合わせて脱出を目指すため、チームビルディングを進められるでしょう。 

謎解き脱出ゲームの詳細はこちら

12.戦国運動会

戦国運動会は戦国時代をモチーフとした運動会イベントです。激しい運動はあまりなく、チャンバラ合戦や大俵転がし、謎解きゲームといったコンテンツが中心です。

戦国運動会のコンテンツは基本的にチームワークが重要なので、必然的にチームビルディング効果が期待できます。そのため、会社の社内イベントにもおすすめです。 

戦国運動会 | 武士や忍者とチームビルディングするなら社内運動会.com (shanaiundokai.com)

13.サバ研

サバ研はIKUSAが提供するサバイバルゲームです。当たっても痛くないレーザー銃を使用している点や、アメリカの軍隊や企業で採用されている「OODA LOOP」を研修に組み込み込んでおり、チームビルディング向上を目的としている点が大きな特徴です。

単に銃を撃ち合うだけでなく、戦略が重要なゲーム性になっています。チーム内では隊長や通信兵、衛生兵など、役割に沿って行動するため、コミュニケーションが活性化するでしょう。

サバ研 | サバゲーでOODA LOOPを学べるチームビルディング研修 | IKUSA.JP

14.忍ザリアル

忍ザリアルは忍者に扮し、逃走を行うゲームです。某人気番組でも逃走ゲームがありますが、これをチームビルディングに昇華させたのが忍ザリアルです。

忍ザリアルは走る必要があるため、好みが分かれる可能性もあるので事前にヒアリングしておくと良いでしょう。

15.ボードゲーム

リアルの社内イベントでもボードゲームはおすすめできます。数人ずつのグループに分けて、社内の飲み会とセットにするのがおすすめです。

ボードゲームはいろいろな種類がありますが、1回のプレイ時間が長すぎるものだと中途半端なところで終わってしまう可能性がありますので、イベントの時間を加味して選択すると良いでしょう。

16.ファミリーデー

ファミリーデーは、社員の家族も含めて社内で集まり、社内を自由に見学したり、仕事の体験ができる社内イベントです。従業員の家族同士で交流を深めたり、家族が従業員の仕事に対する理解を深められるなどのメリットがあります。。

ただ、子どもも参加することになるので、安全面への配慮やセキュリティ面には注意しましょう。

17.スポーツ観戦

従業員間で好きなスポーツが共通している場合、スポーツ観戦を社内イベントにするのも一つの選択肢です。

スポーツ観戦をした後の飲み会などもイベントとしてセットにしておくと、その日に観戦した試合の内容が話題になるのでより交流を深められるでしょう。

18.クルージング

クルージング体験の機会は普段なかなかないかと思うので、社内イベントならではの体験になるでしょう。

特に普段都会のオフィスで働いている場合、自然に触れる機会が減っています。クルージングは海を見ながらのんびりできるので、ストレス解消にも役立つはずです。

 19.社員旅行

バブルの頃は多くあった社員旅行を計画しても良いかもしれません。ただの旅行とするのではなく、従業員同士のコミュニケーションの促進やチームビルディングの構築、リフレッシュをしてもらうなど、目的を決めて実施することで有意義な社内イベントになります。

20.ダーツ大会

ダーツ大会は手軽でありながら楽しめる社内イベントです。ルールもシンプルで的に向かって投げることができればゲームとして成立し、十分楽しめます。

飲み食いしながら遊べる点も魅力なので、飲み会とセットにするとダーツがちょうど気分転換となり良いでしょう。

21.ボーリング大会

ボーリングも気軽にできて、楽しみやすいスポーツです。社内イベントとして実施する場合、チーム分けをして対抗戦を行う、勝利したチームには景品をプレゼントするなどの準備をしておくと、より盛り上がるでしょう。

22.カラオケ

カラオケは自由に飲み食いしながらできる、飲み会との相性が良い社内イベントです。歌うのが苦手な方もいる可能性はあるので、カラオケをメインに据えるよりは、飲み会の二次会などにカラオケを用意しておくと良いでしょう。 

23.バブルサッカー

バブルサッカーは、空気で膨らませたボールに身を包んで行うフットサルです。フットサルの上手さはあまり関係なく、思い切りぶつかっても怪我の心配はありません。お互いにぶつかるのを楽しむのが趣旨になります。実施する場合は試合形式になりますが、勝ち負け以外の要素で楽しめる点もバブルサッカーの大きなメリットでしょう。

24.キャンプ

キャンプと聞くと準備がたいへん、知識がないと難しいなどのイメージを持つかもしれません。

しかし、最近では企業向けのキャンプ研修もあり、チームビルディングを目的としたものもあります。

それらを利用してキャンプ体験を提供することで、チームとしての結束力の向上が期待できます。

 25.グランピング

グランピングは、あらかじめ食事やコテージが用意されていて、そこで自然に触れる体験を味わえるキャンプのことです。通常のキャンプよりも快適な宿泊環境や食事が用意されているため、より優雅な催しにしたい場合はこちらがおすすめです。

 26.サバイバルゲーム

サバイバルゲームといえば一部の方が楽しむイメージを持つかもしれませんが、現在は老若男女が手軽に楽しめるものになっていて、各所で初心者向けのサバイバルゲームが開催されています。 

道具もレンタルできるので、動きやすい服装さえあれば準備も問題ありません。サバイバルゲームはチームで作戦を立てるので、チームビルディングにも最適でしょう。

27.カレーパーティー

カレーパーティーは従業員がグループに分かれてカレーを作り、最後にお互いのグループのカレーを食べ合う社内イベントです。カレーはバリエーションが豊富なため、メニュー選びから楽しめるでしょう。アレンジを効かせやすく、グループごとにオリジナリティを出しやすいのもポイントです。

 28.フットサル

フットサルは初心者でも気軽にできる社内のスポーツイベントです。屋内の会場を選べば天候の影響を受けず、また汚れにくい点もメリットです。注意点はフットサル経験者と未経験者で技量に差が出るため、チーム編成は偏りをなくしたり、初心者同士のチームで試合をするような工夫が必要です。

 29.バーベキュー

バーベキューは自然に触れながら食事ができ、準備の段階からコミュニケーションが必要になるので、じつはチームビルディングのための活動としても優れています。

懸念事項としては、天候の影響を受けやすいことです。そのため雨天でも問題なく実施できる施設を選ぶ、雨天の場合の代替プランを考えておくといった対策が必要になります。

 30.ボルダリング

ボルダリングは壁についている突起物を登っていくスポーツです。ここ数年流行っているので経験のある方もいるでしょう。ボルダリングを社内イベントとして取り入れている企業もあり、体験してみたらおもしろかったという声もあります。

ただし、比較的ハードな運動なため、事前にアンケートを取るなどした方が良いでしょう。

31.ウォーキング大会

ウォーキング大会は社員がウォーキングするイベントです。歩いた距離を測って順位をつけたり、純粋に景色や会話を楽しみながら歩くイベントにしても良いでしょう。

デスクワークを行う社員の運動不足解消にもおすすめです。

32.登山

登山は山を登ることで達成感があり、またうつくしい景色や、自然との触れ合いを楽しめます。参加者同士で会話しながら登るのでコミュニケーションも活性化するでしょう。

 注意点として、山によって登山の難易度がかなり変わるため、登山に慣れている方が少なければかんたんな山を選ぶのがおすすめです。

 33.ホテルバイキング

ホテルでのバイキング形式の食事会で、大人数の場合は貸し切りも可能です。普段と異なる非日常感を楽しめるでしょう。 

34.社内運動会

社内で行うため、運動会の内容は自由で、あまり身体能力が影響しない競技や、怪我をしにくい競技を中心とした構成も可能です。

なるべく多くの方が楽しめるように種目を考案してみましょう。

35.ゴミ拾い

ゴミ拾いは社内イベントであると同時に、社会貢献に繋がり、ゴミ拾いにより従業員の環境理解も深まります。最近はスポーツイベントとしてゴミ拾いを開催している団体もあり、ゴミを拾った量を競い合うなどのイベントもあるので、このようなイベントを探してみるのもよいでしょう。

まとめ

オンライン、リアルともに社内イベントの選択肢が豊富な昨今では、かえってどうするか迷うこともあるでしょう。

今回はいろいろな社内イベントをご紹介しましたので、これならおもしろそう、社員皆で楽しめそうなものを見つけてみましょう。ぜひ楽しい社内イベントを開催し、コミュニケーションの活性化やチームビルディングにお役立てください。

1993年生まれ。香川県在住。8年以上フリーランスで活動しているライター。随所に足跡があるイエティのような存在。讃岐うどんを作ることもできる生粋の香川人ですが、家で作ると台所が粉まみれになるのでなかなか作らせてもらえない。多くの読者に読んでもらえる記事を書くため、日々勇往邁進。