幹事お役立ち情報
社内イベント
福利厚生
オンライン

大人数の飲み会におすすめのゲーム50選!オンライン飲み会にも対応

大人数の飲み会だと、どのようなゲームが良いのか迷うでしょう。そのような方向けに、この記事では大人数の飲み会におすすめのゲームを50個ピックアップして紹介します。オンラインにも対応しているため、オンライン飲み会の開催を検討している方も最後まで読んでみてください。

 

頭を使うゲーム

まずは頭を使うゲームから紹介します。主なものとしては、「リモ謎」や「謎Bako」、「ニムト」などです。

リモ謎

「リモ謎」はオンライン上で謎解きが楽しめるゲームであり、数種類のストーリーを用意しています。難易度調整も可能で、初めて謎解きにチャレンジする方でも問題ありません。チームビルディング要素もあることから、オンライン研修の一環としても活用できます。

また、「リモ謎」の場合はアレンジバージョンも用意されています。英語版のプランや通常よりもプレイ時間を短くしたプランなどがあるため、開催時間や予算などを考慮して選ぶと良いでしょう。

リモ謎の詳細はこちら

リモBako

「リモBako」は、上記の「リモ謎」と「reBako」というオンラインイベント開催プラットフォームを組み合わせたゲームです。「reBako」のオンラインイベント会場を舞台に、会場内に隠された謎を解いていきます。「リモ謎」とは違った謎解きを楽しむことができ、参加者同士での情報共有がクリアのカギとなります。

リモBakoの詳細はこちら

おみやげ謎

「おみやげ謎」は、「オンラインフードデリバリー」というフードデリバリーサービスのオプションとして追加できるゲームです。一緒に他の参加者と遊ぶことはもちろんこと、自宅で家族とも遊べるような内容となっています。

おみやげ謎の資料をダウンロードする

UNO FLiP!

UNO FLiP!」は、通常の「UNO」よりも頭を使うカードゲームです。「UNO FLiP!」の場合は裏表異なる効果のカードが配られます。フリップカードが登場すると、全プレイヤーは自分の手札を裏返しにしなくてはなりません。その結果としてプレイの流れも変わるため、通常の「UNO」よりも刺激的な時間を過ごせるでしょう。

ニムト

「ニムト」は、牛の絵が描かれたカードを4つの列に置いていくという内容ですが、各列の6枚目を出した人にはペナルティが発生します。シンプルながらも心理戦が繰り広げられるゲームであり、最大10名までプレイできます。プレイ時間は30分ほどで、出されたカードによって予想していなかった展開となるでしょう。

ワインと毒とゴブレット

「ワインと毒とゴブレット」は、個人戦でもチーム戦でも楽しめるボードゲームです。ワイングラスに毒をひっそりと入れてターゲットを暗殺することがルールであり、大人数ではなく少人数でも楽しめる内容となっています。ただし、オンラインではプレイできないため、通常の飲み会で取り入れるようにしましょう。

ディセプション

「ディセプション」は、ヒントをもとに殺人犯の殺害方法と証拠を当てるゲームです。協力して推理していくゲームであるため、コミュニケーション要素も含まれています。最大12名までプレイでき、人数が多いほど殺人犯の殺害方法と証拠が当てやすくなるかもしれません。

レジスタンスアヴァロン

「レジスタンスアヴァロン」はチーム戦のボードゲームで、正義チームと邪悪チームに分かれて勝負します。ゲームマスターを必要としないことから、参加者全員で楽しめるゲームを探している方にもおすすめです。

このゲームでは一気に形勢逆転できるような要素も含まれており、最後までどっちが勝つのかわかりません。だからこそ、どうしたら相手チームに勝てるのかしっかりと考えて取り組む必要があります。

犯人は踊る

「犯人は踊る」は、手札のカードを場に出しつつ犯人カードを持っているプレイヤーを見つけるというカードゲームです。一見すると簡単そうなものですが、犯人カードは同じプレイヤーが持ち続けるわけではありません。プレイ中に犯人役が変わるため、推理しながらプレイしていく必要があります。

秒数当てゲーム

もっとシンプルで楽しめるゲームを探しているのであれば、「秒数当てゲーム」はいかがでしょうか。「秒数当てゲーム」は、まず時間を決めることから始めます。その上でストップウォッチを押し、解答者はストップウォッチを見ずに決められた時間になったと思ったら手を挙げます。最終的に決められた時間ぴったりもしくは一番近かった人が勝利します。

ストップウォッチさえあればプレイできるゲームですが、ほとんどのスマホにストップウォッチ機能が備わっているため、実質特に必要なものがありません。ただし、オンラインの場合はラグが生じる恐れがあることから、オフラインの飲み会に適したゲームです。

スタンドアップゲーム

「スタンドアップゲーム」は、まず事前に数字を紙に書いておきます。その上で立ち上がる人の人数とぴったり合った人が勝利します。シンプルなルールですが何人立つのか予想する必要があるため、思うようにぴったりな数字を出せないでしょう。

 

クイズ系のゲーム

クイズは飲み会の定番ゲームでもあり、気軽に取り入れられます。オンライン飲み会でもクイズはおすすめのゲームであるため、以下の中から気になるゲームを取り入れてみてはいかがでしょうか。

オンラインクイズ大会

「オンラインクイズ大会」は、最大2000名まで対応しているゲームです。自動集計機能も備わっており、最後に結果発表までしてくれます。

「オンラインクイズ大会」の問題はオリジナルのものを作成可能で、動画や画像をクイズ内に取り入れることもできます。MCや当日の運営は運営会社である株式会社IKUSAがしてくれるため、初めてオンライン飲み会を開催する方でも安心して利用できるでしょう。

オンラインクイズ大会の詳細はこちら

グルメチキンレース ゴチバトル ONLINE

「グルメチキンレース ゴチバトル ONLINE」も「オンラインフードデリバリー」のオプションであり、有名番組の名コーナーのようなゲームができます。高級なアラカルト料理を食べて各料理の金額と合計金額を当てるという内容で、料理とゲームの双方が楽しめます。

ゴチバトルの詳細はこちら

クイズいいセン行きまSHOW!

「クイズいいセン行きまSHOW!」は、通常のクイズとは少し異なります。「『アツアツのカップル』という表現に最適な温度は?」といったあいまいなクイズに解答し、全解答の中で一番中間の数字を出した人が正解となります。

このゲームでは、感性や常識などが重要です。むしろ、頭の良い人ほど正しいことに紛らわせて正解を出せない可能性があります。

イントロドン

「イントロドン」は、曲の出だしを聞いて何の曲なのか当てるゲームです。こちらもテレビ番組のコーナーとして採用されたことがあるため、知っている方も多いのではないでしょうか。「イントロドン」ができるアプリもあることから、通常の飲み会でも気軽に取り入れられます。

マイノリティゲーム

「マイノリティゲーム」は「旅行行くなら国内と海外どっちが良い?」といったような2択のクイズを出題し、少数派が勝利するゲームです。オンラインでも取り入れることができる上に、ゲームで必要なものも特にありません。

 

コミュニケーションが大切なゲーム

コミュニケーション系のゲームは、参加者同士で積極的に交流してもらいたいときにおすすめです。ゲームとしては、「ワンナイト人狼」や「コヨーテ」などが挙げられます。

ワンナイト人狼

「ワンナイト人狼」は、通常の「人狼」よりもプレイ時間が短いゲームです。短いからこそ飲み会に取り入れやすく、短時間で「人狼」の面白さを実感できるでしょう。

ゴリラ人狼

「人狼」の派生版として「ゴリラ人狼」があります。「ゴリラ人狼」では、最初「ウホッ」という言葉しか話せません。段々と話せる言葉が増えていくとはいえ、限られた言葉の中で人狼と同じ役である密猟者を見つける必要があります。

コヨーテ

「コヨーテ」は「インディアンポーカー」に近いカードゲームであり、プレイヤー同士の駆け引きもあります。カードゲームとしてはリーズナブルな価格ですが十分楽しめるゲームであるため、コストパフォーマンスに優れたゲームともいえるでしょう。

ワードウルフ

「ワードウルフ」は、各プレイヤーにキーワードを渡して話し合ってもらい、その中で1人だけ異なるキーワードをもらった人を当てるというゲームです。多くのYouTuberが動画で紹介するほどの人気ゲームであるため、すでに知っていた方もいるかもしれません。

インサイダーゲーム

「インサイダーゲーム」はこっそりと問題の答えを知っている人が誰なのか当てるというゲームです。まず問題となっているキーワードが何なのか質問形式で当てていき、無事に当たれば次にこっそり答えを知っているインサイダーを当てていきます。こちらも有名なコミュニケーション系のゲームだからこそ、知っている方がいるかもしれません。

Gartic Phone

近年注目を集めている「Gartic Phone」は、ブラウザ上でプレイできる伝言ゲームです。誰かが決めた文章に合わせて絵を描く必要があるため、文章の内容次第では変な絵が完成するかもしれません。無料で遊べるため、コストをかけずに取り入れられるゲームを探している方にもおすすめです。

ジェスチャーゲーム

シンプルなゲームとして、ジェスチャーゲームが挙げられます。ジェスチャーゲームは相手のジェスチャーが何を表しているのか当てるという内容であり、オンライン飲み会でも取り入れられるゲームです。

 

チーム戦で楽しめるゲーム

参加者が多い場合、個人戦ではなくチーム戦で遊ぶこともできます。主なものとしては、「伝言ゲーム」や「お箸でピンポン運搬ゲーム」などがあります。

伝言ゲーム

「伝言ゲーム」は、チームで1人ずつ指定された言葉を伝言していき、見事指定された言葉と同じならば成功というゲームです。短い言葉だと成功しやすいですが、英語や長文だと覚えにくくなって難しくなります。

効き〇〇ゲーム

1つのものを数種類用意し、それぞれ商品名や種類の名前を当てる「効き〇〇ゲーム」もチーム戦が可能です。代表者ごとに出題するもの変えていき、最終的に当たった回数の多いチームが勝利します。

お箸でピンポン運搬ゲーム

「お箸でピンポン運搬ゲーム」は、箸でピンポン玉を掴んで次の人に落とさず渡していくゲームです。人数が多いほど盛り上がりやすくなり、器用さや箸の持ち方などが勝敗のカギとなります。

 

カードを使ったゲーム

「大富豪」や「インディアンポーカー」といったカードゲームも飲み会におすすめです。なかには、オンライン上で遊べるカードゲームも存在します。

大富豪

「大富豪」は有名だからこそ取り入れやすいトランプのゲームです。しかし、「都落ち」や「階段」、「8切り」などのローカルルールが存在するため、どのルールを適用させるのか話し合った上で開催するようにしましょう。

インディアンポーカー

「インディアンポーカー」は、カードの数で勝負するゲームです。このゲームでは自分のカードが見えない一方で、相手のカードを確認できます。勝負を降りることもできるため、相手の手札が相当強いのであれば降りることも選択肢として考えましょう。

UNO

UNO」も定番のカードゲームであり、過去にプレイしたことがある方もいるのではないでしょうか。現在ではスマホやPCでもプレイできるようになっており、オンラインで遊べるカードゲームを探している方にもおすすめです。

ito

ito」は、あるテーマに対して数字が小さい順にカードを出して順番通りにそろえれば成功するゲームです。ただし、直接数字を伝えることができません。そのため、テーマに沿った言葉で数字を表現する必要があります。「100」や「1」なら簡単に伝えられますが、「68」や「27」のような中途半端な数だと難しくなるでしょう。

ワードバスケット

「ワードバスケット」は、場に置かれているひらがなのカードと自分の手札にあるひらがなのカードでしりとりを作っていくゲームです。このゲームではスピードやもともと持っているボキャブラリーなどが大切であり、ガンガン言葉を作れる人ほど勝利しやすくなります。

ドブル

「ドブル」はアメリカで登場したカードゲームであり、数種類の遊び方が存在します。どの遊び方も年齢や性別を問わずに遊ぶことができ、にぎやかな雰囲気の中でプレイできます。そのため、「ドブル」でいくつかのゲームをプレイして総合結果を争うのも良いかもしれません。

はぁって言うゲーム

「はぁって言うゲーム」は、ちょっとした演技をして何を表しているのか当てるゲームです。「はぁ」や「ヤバい」など短いセリフであるからこそ、どんな方でも気軽に演技できます。オンラインでも楽しむことができ、しっかりと相手の演技を見れば何を表しているのかすぐわかるかもしれません。

みんなでぽんこつペイント

「みんなでぽんこつペイント」は決められたテーマの絵を描くゲームですが、「直線」と「正円」しか使えません。そのため、絵が上手い人でも苦労するかもしれません。一方で絵が苦手な人は限られた方法でしか描けないという制限のおかげで、絵が上手い人を気にせずに描きやすいと思うかもしれません。

ヒットマンガ

「ヒットマンガ」は、漫画のコマにオリジナルのセリフを作って遊ぶカルタです。通常のカルタとは違って文字が書かれておらず、どのコマを見てセリフの言ったのか考えながら見つけていく必要があります。センスや想像力が試されるため、セリフによってはなかなか見つからないかもしれません。

テストプレイなんてしてないよ

「テストプレイなんてしてないよ」は、カード内容に従って勝利を目指すゲームです。内容によっては敗北してしまうようなカードも存在するため、立ち回り方も重要です。例として「ドラゴン」というカードだと、誰かの前に「ドラゴン」を置き、手番終了時に「ドラゴン」が目の前に置かれているプレイヤーが敗北します。

 

Steamで購入できるゲーム

Steamには数多くのゲームが存在しており、その中には大人数で楽しめるものもあります。もしオンライン飲み会を開催するのであれば、Steamでゲームを探してみるのもおすすめです。

Among Us

Among Us」は「人狼」に近いゲームであり、クルー側とインポスター側に分かれて勝負します。話し合いが必須になるため、参加者同士でコミュニケーションを取ってもらいたいときにもおすすめです。なお、「Among Us」はPC以外にスマホやNintendo Switchなどでもプレイできます。

HALF DEAD 2

過激なゲームで遊びたいなら「HALF DEAD 2」はいかがでしょうか。有名な映画「CUBE」のような空間から脱出を目指すゲームです。チームで協力しながらプレイするだけではなく、PvPモードでのプレイもできます。

 

Nintendo Switchで遊べるゲーム

もしNintendo Switchを持っているのであれば、Nintendo Switchのゲームで遊ぶのも良いでしょう。これまで発売されたソフトの中には、大人数の飲み会で楽しめるものもあります。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」は世界的に人気のゲームであり、マリオやリンクといったさまざまなゲームのキャラクターを操作して戦えます。ルールもステージから画面外に出せば勝ちという内容で、通常の格闘ゲームとは少し違った内容となっています。

スーパーボンバーマンR

ボンバーマンシリーズの1つである「スーパーボンバーマンR」は、最大8名でプレイできるゲームです。さまざまなマップが用意されており、その中で各プレイヤーと勝負します。仮に負けても外から妨害できるため、最後まで楽しめるゲームです。

スプラトゥーン2

「スプラトゥーン2」は、ステージを自分の色に多く染めた人が勝利する人気ゲームです。最大8名でプレイでき、豊富なステージやブキが用意されています。有名なゲームだからこそ、参加者の中に遊んだことのある方がいるかもしれません。

1-2-Switch

シンプルなソフトならば、「1-2-Switch」が挙げられます。ミニゲームが数多く収録されているゲームですが、ほとんど2人対戦ということもあってチーム戦で代表者が戦うようにすれば盛り上がりやすくなるでしょう。

マリオカート8 デラックス

「マリオカート8 デラックス」も有名なゲームであり、個性的なコースで1位を目指すレースゲームです。このゲームではさまざまなアイテムが用意されていることから、アイテムの効果やタイミング次第で大きく順位を変えられます。

ヒューマン フォール フラット

「ヒューマン フォール フラット」は、フニャフニャのキャラクターを操作してゴールを目指すゲームです。協力プレイが重要であり、うまく協力できないと一向に前へ進まないかもしれません。

 

その他のゲーム

ここまでさまざまなジャンルのゲームを紹介してきましたが、なかにはジャンルに当てはまらないゲームもあります。一体どのようなゲームなのでしょうか。

オンラインビンゴ大会

IKUSAの「オンラインビンゴ大会」では、ビンゴマシーンやビンゴカードを用意する必要がありません。すべてオンライン上で管理することとなっており、ビンゴマシーンで出た数字を自動的に反映してくれます。大人数でも対応していることから、オンライン飲み会にぴったりなゲームです。プロのMCによる司会進行で、オンライン上であっても楽しく場を盛り上げるサポートを致します。

また、オンラインイベントをトータルでサポートしているので、機材のセットアップからオンラインイベント向けフードサービスから様々なご要望にお応えできます。ぜひともご相談ください。

オンラインビンゴ大会の詳細はこちら

王様じゃんけん

「王様じゃんけん」は、代表者に対して全員がじゃんけんを行い、最後まで勝ち残った人が勝利します。何か景品を用意すると盛り上がりやすくなる上に、大人数でも全員が参加して楽しめるゲームです。

指の数だけじゃんけん

「指の数だけじゃんけん」は、指の数で勝敗を決めるじゃんけんです。具体的な勝敗は自由に決められます。指の数が多いほうを勝利とするルールも良いですが、反対に少ない方を勝利とするルールも盛り上がるでしょう。

心理テスト

「心理テスト」は、ある問題に対する解答によってその人の性格や考え方がわかるものです。問題自体は数多くあるため、あらかじめ本やネットで収集しておくのが良いでしょう。

おもしろ背景ゲーム

「おもしろ背景ゲーム」は、オンライン飲み会ならではのゲームです。開催前に各参加者が面白い背景を設定し、誰が一番面白い背景を設定したのか決めるというものであり、バーチャル背景が設定できるビデオチャットツールが必要となります。

おうち借り物競走

オンライン飲み会向けのゲームとして、「おうち借り物競走」もあります。テーマに合うようなものを自宅から探してカメラの前に持ってくるという内容であり、家の中にあるものをしっかりと把握している人ほどすぐに見つけられるでしょう。

 

大人数の飲み会はゲームを取り入れて盛り上げよう!

UNO」や「オンラインビンゴ大会」など、大人数の飲み会で楽しめるゲームは数多くあります。そのため、これから飲み会を開催するのであれば、今回紹介したゲームの中から盛り上がりそうなものを取り入れてみると良いでしょう。

 

参考サイト