社内イベント
オンライン

オンライン飲み会でビンゴ大会をするメリットや準備するものを解説

ビンゴ大会は、オンライン飲み会の企画として多く取り入れられています。しかし、リアルでのビンゴ大会とは異なり、準備や必要なツールが異なることから「どのような準備が必要か分からない」という方も少なくないでしょう。

本記事では、オンライン飲み会でビンゴ大会をするメリットやおすすめのツール、準備するものなどについてそれぞれ紹介します。

オンライン飲み会でビンゴ大会をするメリット

オンライン飲み会でビンゴ大会を企画することは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

参加人数が大勢でも開催できる

ビンゴ大会は、飲み会参加者の人数分のビンゴカードと景品をそろえられれば、少人数から大人数まで対応できるゲームです。オンライン飲み会の当日に体調不良や急用が入ってしまい、会に参加できなくなったメンバーが数人いた場合でもゲームを遂行できるため、会を延期したり、参加人数を調整したりする必要がありません。

 

参加者へ景品を渡すことができる

ビンゴ大会では、飲み会に参加してくれた参加者へ景品を渡すことができます。1位の人には豪華景品を渡して会が盛り上がるシーンは、ビンゴ大会の大きな特徴といえるでしょう。また、ビンゴにならなかった人へも参加賞として景品を渡すことで、参加者の満足度を向上させることにつながります。

 

ある程度の公平性がある

飲み会や懇親会ではゲームを企画することが多くありますが、「チーム対抗戦」「競走系」などのゲームを行う場合には、勝負事が苦手でゲームを楽しめない参加者がいる可能性もあります。ビンゴ大会では特別な能力や知識は必要なく、誰でも気軽に楽しめるため、ある程度の公平性を保ちながら会を盛り上げることができます。

 

オンラインビンゴ大会を開催するのにおすすめのツール

オンラインビンゴ大会を開催するのにおすすめのツールについてそれぞれ紹介します。

 

Zoom

オンラインビデオチャットツール「Zoom」は、リモートワーク下におけるコミュニケーションツールとして広く普及していますが、ビデオ通話やチャット機能はオンラインビンゴ大会を行う際にも有効に活用できます。

Zoomを利用するには無料・有料の2つのプランから選択しますが、無料プランでは連続して最大で40分までしかオンラインミーティングを接続できません。そのため、ビンゴ大会が盛り上がっている最中で通話が途切れてしまうことも考えられるでしょう。

オンラインビンゴ大会でZoomを活用する際には、幹事の人は事前に有料プランへ加入することがおすすめです。

 

LINE

オンラインビンゴ大会の開催には、日常的に利用しているユーザーの多いコミュニケーションアプリ「LINE」を活用することができます。ただし、LINEアプリ自体にはビンゴ機能はないため、LINEと一緒に他のオンラインビンゴツールを組み合わせる必要があります。

そのため、ビンゴ機能は主催者側でオンラインビンゴツールを活用し、LINEではトークルームを開いてゲームの進行をしたり、参加者同士で交流してもらったりすることで、オンラインビンゴ大会を開催できます。

LINEをインストールしたスマートフォンがあれば簡単に参加できるため、パソコンを所持していない人でも気軽に楽しめる方法です。

 

ゲットクラブアプリ

パーティーの景品やノベルティーを取り扱うゲットクラブが開発した同名のアプリ「ゲットクラブ」には、ビンゴの番号を抽選できる機能が搭載されています。同社が提供している「ビンゴカード」と一緒に使うことで、オンラインビンゴの開催から当選の確認までを一括して行うことができます。

 

デジタルビンゴカード

デジタルビンゴカードとは、スマートフォンやPC、タブレットなどで表示ができるビンゴカードのこと。ゲットクラブが提供しているサービスであり、スタンプで番号がチェックしたり、カードの色やスタンプの種類を変更できたりする機能が付いています。

ゲットクラブにはアプリ以外に、紙に印刷できるビンゴカードも提供しているため、オンライン・オフラインを問わずにビンゴ大会に活用できるカードを手に入れることができます。

 

THE BINGO

THE BINGO」は、インストールやアカウント登録が不要で、URLを参加者に共有するだけでビンゴ大会を開催することができるツールです。ZoomLINEを利用したオンラインビンゴ大会では、チャット機能で参加者へTHE BINGO URLを送ることで、簡単にビンゴ大会を開始できる点が特徴的です。

THE BINGOは、参加者が30人までであれば無料で使用できますが、30人を超えると有料プランになることには注意が必要です。

 

オンラインビンゴ大会で準備するもの

オンラインビンゴ大会では、ツール以外にも準備しなければならないものがいくつかあります。

 

景品

通常のビンゴ大会と同様に、オンラインビンゴ大会でも景品があった方が盛り上がります。しかし、参加者に直接景品を渡すことは難しく、大きく「後日に参加者の家へ郵送する」か「オンライン上でフォームなどを活用して渡す」の2つの方法があります。

郵送の場合は送付先の確認や送料発生などがあり、その分の準備やコストがかかってしまいます。なるべくスムーズに景品を受け渡すためにも、オンライン上で景品の受け渡しが可能なサービスを選ぶことがおすすめです。

オンラインビンゴ大会用の景品を取り扱っている企業やサービスの中には「景品引き換えフォーム」が用意されていることが多く、当選者がフォームに必要事項を入力するだけで、後日に簡単に景品を届けることが可能となります。

 

各オンラインツール

オンラインビンゴ大会には各オンラインツールの準備が必須ですが、参加者の中にはツールの操作に慣れていない人がいることも考えられます。Zoomなどの操作を、事前に参加予定者と一緒に確認しておくことで、ビンゴ大会当日ではスムーズに進行できるようになります。

 

ビンゴカード

当たり前ではありますが、ビンゴカードがなければビンゴ大会を開催できません。もし、オンライン上で使用できるビンゴカードを使わない場合には、参加者おのおのの手元にビンゴカードを配る必要があります。ビンゴカードは、主催者が参加者へ郵送する方法の他、カードのデータを参加者へ送付し、参加者自身が自宅などで印刷して活用する方法が挙げられます。

実物のビンゴカードを使用することで、リアルのようなビンゴ大会を演出できますが、準備などの時間やコストを考慮すると、なるべくオンライン上で使用できるビンゴカードを選ぶといいでしょう。

 

司会・進行役

オンライン上での参加者同士のコミュニケーションはリアルと比べて難しいため、オンラインビンゴ大会を盛り上げるためにも司会・進行役を選任することがおすすめです。司会・進行役には、参加者同士の間に入ってコミュニケーションを促進させたり、ビンゴになった際にトークで盛り上げたりといった役割をお願いし、参加者が楽しめるビンゴ大会を作り上げましょう。

 

オンラインビンゴ大会の準備を委託できる会社

オンラインビンゴ大会は、誰でも気軽に楽しめる一方で、ツールや景品などの準備が欠かせません。そのため、オンライン飲み会の準備だけで手いっぱいとなり、ビンゴカードや景品などを用意している余裕がない場合もあるでしょう。

そのような場合には、オンラインビンゴ大会の準備を委託できる会社へもろもろの準備をお願いすることがおすすめです。参加人数や費用に応じた景品やサービスを提供してくれるため、オンラインビンゴ大会の準備の手間を大幅に省くことにつながります。

ここでは、オンラインビンゴ大会の準備を委託できる会社の特徴をそれぞれ紹介します。

 

株式会社IKUSA

年間で500件以上の企業向けオンラインイベントを開催している株式会社IKUSAでは、「オンラインビンゴ大会」を提供しています。オリジナルの配信システムを取り入れたオンラインビンゴゲームであり、ビンゴカードが手元になくてもオンラインでビンゴが楽しめます。

また株式会社IKUSAでは、企業のオンラインイベント向けに開発したフードデリバリーサービス「オンラインフードデリバリー」も併せて提供しています。必要事項を専用フォームに入力することで、オンラインイベントの当日に、有名店で修行を重ねたプロのシェフがプロデュースした本格的な料理を自宅へお届けできます。

フードセットと一緒に、オリジナル謎解きやロゴ入りグッズなどのオプションを付けることも可能であり、企業のオンラインイベントに合わせたニーズに応えることのできるサービスとなっています。

 

ゲットクラブ

ゲットクラブは、パーティーや宴会などのイベント幹事向けに景品・賞品選びをサポートする景品専門店です。パーティー、宴会、ビンゴ大会など、各種イベント向けに作られた景品セットを数多く取りそろえており、イベントに合った景品を選ぶことができます。

ビンゴ大会で手に入れた景品の引き換えは、オンライン引換券と呼ばれるPDFデータ形式の引換券を使うことで、注文・贈呈・引換申し込みまでの全てがオンラインで完結するため、オンライン上で景品の受け渡しが可能となります。

ビンゴカードや三角くじなどの演出アイテムが無料で付くサービスもあり、オンラインビンゴ大会を企画する際の準備負担を軽減することができるでしょう。

 

ビンゴの虎

二次会景品専門店である二次会の虎の姉妹店としてオープンしたのが、ビンゴの虎です。ビンゴの虎では、ビンゴ用品を専門に取り扱っており、景品の価格や種類などからピッタリの景品を選ぶことができます。景品のラインアップも、テーマパークのペアチケットから最新の家電まで、豊富に取りそろえられています。

 

景品キング

景品キングは、日本最大級の景品専門サイトです。イベントの参加者や費用、用途に合わせた景品セットを400セット以上取りそろえていることからも、イベントに合ったピッタリの景品を見つけることができます。全ての景品セットには「ビンゴゲーム機」と「ビンゴカード」が無料で付くため、一から十までビンゴ大会の準備を行う際にはおすすめです。

 

オンラインでできるビンゴ以外のおすすめゲーム

オンラインでできるビンゴ以外のおすすめゲームを紹介します。

 

オンラインクイズ大会

株式会社IKUSAが提供する「オンラインクイズ大会」は、参加型のクイズやミニゲームをオンラインで楽しめるコンテンツです。クイズ形式は2択・4択・並べ替えなどで調整が可能であり、クイズに動画や画像を入れることで企業オリジナルのクイズを作成することもできます。点数の集計は独自のシステムで行うため、最大で500人が一緒にクイズを楽しむことができるゲームとなっています。

 

リモ謎

リモ謎とは、オンラインのチームビルディングとしても人気の高い「謎解き」と「脱出ゲーム」を組み合わせた、謎解き脱出ゲームです。参加者は物語の主人公となり、出題された謎をチームで協力して解くことで、制限時間内で危機的状況からの脱出を目指します。

1年間で5万人以上が体験した企業向けの大人気オンラインイベントであり、楽しみながらもコミュニケーションの促進やチームワークの向上などにもつながります。

 

リモ探

リモ探とは、与えられた情報を整理・共有し、チーム全員で協力して真実にたどり着くことを目的としたオンライン謎解きゲームです。参加者同士の協力や教え合いを促進し、学びを得ることを目的とした「ジグソー法」を取り入れることで、論理性や情報分析などの能力を身に付けることにつながります。

主体的、協働的に動いていくゲームであり、問題発見能力などを培うのに良いとされている「アクティブラーニング」の実践方法の一つとしても注目を集めています。

 

リモBako

リモBakoは、リモ謎とオンラインイベント開催プラットフォーム「reBako」がコラボしたオンラインの謎解き探索型のパーティーゲームです。「リモ謎」の楽しさに「会場」を組み合わせることで、「reBakoの会場内に隠された謎を解く」という、全く新しいオンラインゲームの体験をすることができます。

ゲームで利用するreBakoとリモ謎のシステムでは、アプリなどのダウンロードは一切不要であり、URLをクリックするだけで誰でも簡単に参加できる点も魅力的。今までにないオンライン謎解きゲームであり、オンライン飲み会がさらに盛り上がること間違いなしです。

リモBakoの詳細はこちら

絵しりとり

参加者が順番に絵を描き、しりとりをするゲームです。絵の内容に関する会話は禁止し、前の人の絵を見て何が書かれているかを想像してしりとりをつなげていきます。参加人数にもよりますが、1人当たり23回絵を描いたら一度しりとりを終了し、答え合わせをしましょう。前の人以外の絵を見ないというルールを追加すると、しりとりの難易度が上がり、よりゲームを盛り上げることができますよ。

 

家にあるものしりとり

その名の通り、家にあるものだけでしりとりをします。意外にも家のものだけでしりとりをつなげていくことは難しく、みんなでものを探し回ったり、しりとりをつなげられるようにもの選びに工夫をしたりすることで会話も弾み、飲み会の場も盛り上がります。

 

山手線ゲーム

飲み会で代表的なゲームである山手線ゲームは、オンライン上での気軽に楽しめます。「黄色い食べ物」「スポーツ選手」などのお題を決め、それに関係するキーワードを参加者が順番に答えていきます。企業やチーム内に関するお題や、参加者の趣味などの関するお題にすることで、ゲームの幅を広げることができます。

 

ジェスチャーゲーム

出題者がジェスチャーをし、そのお題を参加者が当てるゲームです。用意するものがなく、簡単に行える点が魅力的であり、お題を工夫することで難易度を調整することもできるため、気軽に交流の場を設ける際には有効活用ができるでしょう。

ジェスチャーゲームを実際やってみた動画はこちらです。

心理テスト

いくつかの心理テストを出題し、参加者に回答してもらいます。ただ出題するだけではなく、結果発表の前にどんな答えが用意されているかをあらかじめ参加者同士で共有したり、自身の選んだ回答を発表したりすることで、メンバーの意外な一面が見られるかもしれませんよ。

 

まとめ

今回は、オンライン飲み会でビンゴ大会をするメリットやおすすめのツール、準備するものなどをそれぞれ紹介しました。ビンゴ大会は年齢や能力が関係なく、誰でも気軽に参加できることから、オンライン飲み会の企画としても人気があります。

景品やビンゴカードの準備は多少の手間がかかってしまいますが、全てオンラインで完結するビンゴのサービスや、景品セットから配送まで一括で対応してくれるサービスを活用することで、主催者側の負担を減らすこともできます。

オンライン飲み会の企画でビンゴ大会を検討している方は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね。

 

参考サイト

 

 

ビジメシでは、お食事の手配に悩む幹事様に向けた、お役立ち情報をご紹介しています。オンラインイベントでのフード宅配からケータリング、BBQまで、お食事手配はビジメシにお任せください!懇親会やレクリエーション、研修、ランチミーティングなど、あらゆるビジネスシーンでのお食事手配をサポートいたします。